シンガポールで仕事を見つけるための簡単な7ステップ

仕事を探すことは、悲惨な経験になる可能性があります。もしあなたが違う国への定住を目指すのなら、職探しの過程はより複雑になります。仕事を見つけるだけではなく、就労ビザの申請などの書類事務の手続き、そして新たな生活へ移行しなければなりません。
思い切った選択をするのなら、シンガポールは理想的な場所です。この島国は、英語を母語とする多文化的な中心都市です。
シンガポール人の雇用主は外国の専門家を雇うことに慣れており、政府も移住者に対して歓迎ムードがあります。躊躇する前に、この記事を読んでシンガポールで働き始めることがいかに簡単かを実感してください。

1. シンガポールで働くのに適任であるかどうかを確認しましょう。
仕事を探し始める前でも、シンガポールで働くために必要な条件を明確にしておく必要があります。適任であることを証明するためのいくつかの労働パスや許可証があります。

一般的には仕事に関連した資格や経験が必要条件となります。就労ビザを申請する前に仕事に就くことができれば、給料も最低限はもらうことができるでしょう。

2. シンガポールでのあなたの仕事の活動分野を知りましょう。
シンガポールで仕事を探すための最初のステップは、あなたの潜在的な仕事の活動分野を分析することでしょう。仕事の見つけやすさはあなたのキャリア次第です。特定の分野は成長が著しい一方で、他の分野は停滞しているのです。
観光業は盛んで、特に近年ではメジャーなアトラクションや贅沢なリゾートがオープンしています。
コンピューターサイエンスも人気で、国自体は小さいですが、ゲーム開発においてはめざましいものがあります。

3. 仕事に応募しましょう。
仕事を見つけるための多くの就職活動のためのウェブサイトがあります。これらのウェブサイトは仕事を探したり、雇用主と繋がるのに便利です。
古典的なやり方では、新聞の気になる求人広告にマーカーをひいていくという方法もあります。
リクルートエージェンシーや人材供給会社の利用も視野に入れるといいでしょう。費用はかかりますが、一般的に高い確率で仕事を見つけることができます。また、あなた自身のつながりも活用しましょう。ネットワークや紹介は大きな違いを生みます。

4. 静かに待ちましょう。
あなたの理想の仕事に応募し、候補者リストに載ることができれば雇用主から連絡があるでしょう。面接は2週間から2ヶ月の間で完了することが多いようです。
面接に向けて綿密に準備をしましょう。もしかすると面と向かってではなく、電話やテレビ電話を通して行われるかもしれません。シンガポールは多文化国家で適性を重視しています。高い英語力、国際的な態度、素晴らしい適性をアピールしなければなりません。

5. 仕事の依頼を受けました。
仕事の依頼を受け、契約になると、大抵3~5日で事務的手続きを行い、仕事を受けるかどうかを決定します。あなたの給料が予定された雇用許可証の条件を満たしていることを確認しましょう。シンガポールの雇用者は外国人を雇うプロセスに詳しいので、そこまで煩わしいことはないでしょう。

6.專門職業の手続き
シンガポールには專門職業について特定のラインがあります。これらの職業は政府に登録する必要があり、職業と給与の詳細について開示しなければなりません。
登録が必要な職業の例としては、歯科、エンジニア、土地測量、法律、薬、製薬、看護などです。これらの専門職は地方条例によって管理され、登録された全ての個人に対して強制力を持ちます。

7.労働ビザを申請しましょう。
仕事を引き受け、詳細を確認したら、あなたにあった労働ビザを取得しなければなりません。
外国人専門職はいつでもシンガポールに迎えられ、ビザの取得もそこまで煩雑ではありません。
返金不可の登録料を支払い、申請書を提出しましょう。オンライン申請の場合は7営業日かかります。手書きの場合は最大で5週間かかります。
・エンプロイメントパス:外国人専門職で年長者に発行されます。少なくとも月3,300SGDを稼ぎ、ふさわしい資格を持っている必要があります。
・エンターパス:このビザは野心のあるビジネスマン向けのビザです。外国人の企業家で、シンガポールのマーケットで新たなビジネスを始めたい人は、このビザが必要です。
・パーソナライズエンプロイメントパス:収入が高く、すでにエンプロイメントパスを持っている人や外国人専門職の人に対して発行されます。特定の雇用主に拘束されることなく働くことができます。
・Sパス:専門職までは届かないレベルの労働者に対して発行されます。少なくとも月2,200SGDを稼ぎ、一定の評価を得る必要があります。
その他の労働許可証は半熟練の外国人労働者、家事労働者、アーティストに対して発行されます。また、職業訓練、学生、家族に対して発行されるパスについては、ウェブサイトで確認できます。
仕事を探すのは簡単なことではありません。シンガポールのマーケットは競争心が強く、専門職の人たちでも難しい挑戦になりうるのです。
しかし、努力は報われます。この島国は多文化のメルティングポットで、世界中の国々と比べても簡単に馴染むことのできる国です。
まずは求人広告をチェックするところから始めましょう。そしてシンガポールという魅力的な世界に移住しませんか。

国外駐在の配偶者としてマレーシアで仕事を見つけるには

多くの海外駐在者の配偶者は、パートナーに同行するために自分の仕事を辞めています。大抵、自分のキャリアを諦めなければならず、職業的な身分は失われてしまいます。
InterNationsが発行するExpat Insiderによると、60%が経歴を諦めることに対して抵抗があり、65%は経済的に配偶者に頼らなければならいことに嫌悪感があります。多くの国外駐在の配偶者は高学歴で、47%は大学院修了学位や博士号を取得しています。これでは、国外駐在の
配偶者が「制限されている」と感じてしまっても不思議ではありません。
マレーシアでも状況は同じです。多くの国外駐在者の配偶者は移住に伴ってキャリアを保留にしています。なぜなら働くには労働許可証が必要など、多くの規制があるからです。しかし、起業したりフリーランスで働くという選択肢もあるのです。
マレーシアで働く
東南アジアで働く日本人の手助けに特化したキャリアマネジメント会社キャリアリンクは、配偶者が仕事を探す上で直面する問題はタイムマネジメントであると信じています。「多くの駐在者の配偶者のうち、特に子供がいる人は、パートタイマーとして働きたいと思っていますが、文化の面から、マレーシアでは難しいのです。」と彼女は言います。
もう一つの問題は、もちろんビザです。多くの駐在者が気づいているように、労働許可証を得るのは大変です。理想の企業が労働許可証を得るように働きかけてくれるという状況は、仕事を確保する上で最高の状況であるといえます。Laubel氏は「移住者の多くは外国人を雇えない企業を含め、様々な企業に応募しますが、外国人を雇えない企業では労働ビザの手続きが不可能なのです。」と説明します。
Laubel氏のノウハウは、どの企業が雇用パスを発行できるかを明確にし、移住者の雇用機会を最大限にすることを可能にしています。彼女はある国際企業を例に、「どんなに大きな会社で、海外からの移住者を雇っているにも関わらず、マレーシアでの雇用創出に対する努力義務があるのです。」と言い、さらに、「これは一般的なルールですが、常に例外が存在します。」と付け加えました。
このルールに対する例外というのが、移住者のパートナーがマレーシアで仕事を得ることを可能にしたのです。ジョン(仮名)はマレーシア移住前に多くの企業の人事部に応募しましたが、どれも成功しませんでした。彼は「仕事の空きは常に宣伝されているにも関わらず、私は考慮されませんでした。」と話します。
マレーシアに来てから、彼は直接ライン長に応募書類を送り、すぐに面接の段取りを得ることができました。雇用されるためには、「マレーシアに来たら、ライン長に直接応募し、地域の給料条件をのみ、労働許可証が発行されるまで数ヶ月待つ必要があります。」とのアドバイスをくれました。

タイの生活

タイの生活は美しい景色、エキゾチックなビーチ、国立公園、自然、歴史的な都市によって、移住者に美しい国での生活を提供しています。タイの人々はとてもフレンドリーで、彼らは豊富な文化遺産をとても誇りに思っています。タイに住む人々の文化とライフスタイルは仏教やヒンズー教の影響を受けており、民族と文化の多様性は重く祝われ、崇敬されています。多くの色彩豊かなお祭りやイベントが1年を通して開催され、移住者にとっては常に何か楽しいことが起こるのです。

移住先としてのタイ
タイには、退職者、事業部長、学生、教師、社長など様々な移住者コミュニティーが存在します。人々はここでの生活に魅了され、美しい場所でリラックスして過ごしています。しかし、移住者にとって欠点もあります。資産と土地の所有が事実上不可能であり、ビザの規定が込み入っているという点です。もしあなたがこれらの欠点に向き合えるのであれば、素晴らしい気候の下、楽しい生活が保障されるでしょう。

タイの生活のコスト
タイで生活するためのコストは、世界の他の国と比べても安いです。家はどこに住むかによってコストが決まりますが、賃貸の場合は西洋の国と比べても一般的に安くなっています。
移住者が驚くのは、タイ料理や洋食の値段の違いです。地域のレストランはとても安く、地元の人々は日々外食を楽しんでいます。家で作るよりも安いからです。しかし、洋食の値段は西洋の国と比べてそこまで大きく変わりません。ワインはとても高いですが、ビールや地元のお酒はとても安く手に入れることができます。

言語
タイで話されている基本的な言語はタイ語です。中国語、ラオス語、クメール語、マレー語を話す少数派もいます。また、タイの多くの人が英語も話します。

気候
暑く、湿度が高いです。7月から11月はモンスーンの季節です。

タイでの生活:移住者の仕事と自己実現
移住者に対する仕事はありますが、会社内の転勤や母国で雇用されタイに転勤になるといったケースがほとんどです。バーやレストランでの仕事を見つけるのは比較的簡単ですが、給料は安いです。多くの移住者は移住後に起業したり英語を教えたりしています。

移住者がタイで生活するために知っておくべきキーポイント

1. タイでは2台3台の縦列駐車が一般的になっています。車はニュートラルにして駐車し、自分の車の進路が塞がれている場合は押してよけます。駐車場に戻った時に、他の車が自分の車をふさぐような形で駐車していても驚かないでください。ただ車を押して進路を確保すればいいだけです。
2. 外国人が交通事故に巻き込まれた場合はその事故の責任を自動的に負うことになります。これは、外国人のタイでの行動によって事故が起こったという事実に基づいています。もしあなたがタイにいなければ、何も起こらないはずです。
3. 地主は12.5%の財産税を払う法的責任があります。これを借用主に負担させる時主もいるので、リース契約をする際には、常に税務上の手続きには注目しておく必要があります。
4. タイの人々は西洋人を「ファラン(外国人)」と呼びます。たとえあなたの本名を知っていたとしても、この呼び方で呼ばれることが多いでしょう。
5. タイの人々は王室に対してとても真剣で、これを批判することは決してするべきではありません。肖像画や写真は敬意を持って扱いましょう。そうしなければ深刻なトラブルに巻き込まれてしまいます。

シンガポールへの移住

シンガポールに移住することは多くの人々の夢です。なぜならそこでの生活は最高であると考えられているからです。シンガポールはアジアの都市の中でも綺麗な街で、イギリスの植民地時代からの特徴を引き継ぐ一方で、よく発展した環境の最前線であるとも言えます。マレーシアの南端というシンガポールの位置は、アジアの貿易や財政上最も重要な場所の一つとなり、GDPによると、今日世界で5番目に裕福な国になりました。また世界で4番目に大きい国際貿易センターもあります。
シンガポールの人口は500万800人(2010年6月現在)となっており、大半は中国人(70%)、マレー人、インド人の血を引き継いでいます。シンガポールは法的にもとても厳しい国であるとされる一方で、権力国家として実際には国の治安を維持しているのです。
主な宗教は仏教、イスラム教、ヒンズー教、キリスト教と道教です。
移住先としてのシンガポール
世界中からシンガポールへ移住してくる外国人の数は多く、2010年6月現在で永住権を持っていない人口は1.31%となっています。シンガポールは外国人にとって文化へ馴染んだり、安全性、環境面で移住先としてのハードルが低い国です。
また家族で移住するにも適していて、高いレベルの教育や、お手伝いさんが安い、安全性型海面から子育てをする環境としてはあなたの国よりもいい環境かもしれません。
生活水準は高く、ヘルスケア施設はどこにも劣りません。シンガポールの犯罪率は真夜中でも低いです。街中に移住者のグループやクラブがあるので、国籍関係なく、街のどこかで気の合う移住者に巡り会うことができます。
シンガポールへの移住者にとっての難点の一つとしては、テレビやメディアで放送される情報は政府による検閲があるということです。しかし、信頼できる手頃なブロードバンドサービスがあるので、この状況は移住者にとって、そこまで障害にならないでしょう。
シンガポールでの生活費
シンガポールの生活基準はとても高いですが、そのぶん費用もかかります。マーサーの2012年世界生計費調査で、シンガポールは生活費が高い都市のトップ10にランクインしており、前年の8位から6位へ2ランクアップしています。移住者で、母国と同じように生活を楽しみたい場合は、賃貸、持ち家に関わらず、その生活費はとても高くなります。アルコールの税率も高く、バーやクラブに行くのが好きな人々は、社会生活を維持するのに莫大なお金がかかってしまいます。車にかかる重量税も高いので、車を持つにもコストがかかります。
全体的には、食料や雑貨はリーズナブルです。地元の露店やショッピングモールのフードコートでの食事は安く済ませることができます。

言語
シンガポールの公用語は中国語(マンダリン)で、政府が使っているのもこの中国語です。しかし、英語が共通語となっており、ビジネスや貿易で使われています。学校で子供達は英語で学習しますが、中国語の習得も期待されています。その他の言語としては、タミル語、マレー語、広東語があります。

気候
シンガポールはほぼ赤道上にある国で、季節の変化がない熱帯気候を楽しむことができます。
年間を通して気温と湿度が高く、雨も多く降ります。気温は一般に22°Cから34°C(72°Fから93°F)の間です。雨が降ると湿度が上がり、100%になることもしばしばあります。一番暑いのは6月と7月で11月と12月はモンスーンの時期になります。

シンガポールへの移住:移住者の仕事と自己実現
あなたが高学歴で、強い職歴があれば、シンガポールで仕事をする機会はあります。しかし、競争率の高さとシンガポール人が高学歴であるということから、仕事を見つけるのはとても難しいです。シンガポールへの移住を考えていて、今の会社からの転勤でなければ、シンガポールに入国する前に仕事を見つけておくことをおすすめします。
人々とのネットワークはとても重要で、多くの人々が求人広告ではなく、知り合いを通して仕事を見つけています。
移住者に対して多くの求人を出しているのは、金融や財政産業です。その他にも海運業、IT、電子工業などの分野にも求人があります。最近のグローバル経済の問題にも関わらず、トレンドは上昇傾向にあります。
他の国々とは異なり、外国人配偶者でシンガポールで働きたい人は自身の有効なエンプロイメントパスがない限り働くことができません。

移住者が知っておくべきシンガポール移住のキーポイント
1. シンガポールの東部の気候はより暖かく乾燥しています。これはどの地域に住むかを決める上で心に留めておくと良いでしょう。
2. シンガポールでは、テレビを持っていると免許料として税金がかかります。
3. シンガポールに持ち込める犬の種類にも制限があります。また、飼うことができる動物とその数は、住んでいる建物によって異なります。
4. 左ハンドルの車はシンガポールでは禁止されているため、そのような車は輸入されません。
5. シンガポールでは最長1年間自身の運転免許証で運転することができますが、その後はシンガポールの運転免許証に切り替える必要があります。

ベトナムでビジネスを始めるための段階的なガイド

これはベトナムでビジネスを始めるためのガイドです。あなたの役に立つことを願っています。

ステップ1:法的なアドバイスと投資コンサルティング
まず初めに、GBSのような法律事務所から法的なアドバイスをもらいましょう。私たちは以下の質問に対する情報を提供することができます。
・どのような産業に投資をするべきですか。
・あなたのビジネスに影響が出るような規制や変化がありますか。
・ベトナム政府は海外の投資家にどのビジネス分野に特化して欲しいのですか。
・どのような種類の会社を始めるべきですか。
-ベトナムの会社
-株式会社
-外資系企業
-海外投資企業
-合弁会社
・ベトナムで外国人が保有できないビジネスの分野は何ですか。
・あなたのビジネスの最低限の資金はいくらですか。
・年間の税率はどれくらいですか。あなたのビジネスの所得税率はいくらですか。
・会社の許可証以外に何か特別な認定証がありますか。
・会社の許可証を得るのにかかる期間はどれくらいですか。
・会社を保有するにあたって、ベトナムの法律で満たすべき条件はありますか。
・ベトナムから海外への送金方法、手数料はいくらですか。
・ビジネスに向けた投資奨励策は何かありますか。
・月間と年間の金融報告はどのように行えば良いですか。
・商事紛争におけるベトナムの法律の役割はどのようになっていますか。
プロの法律事務所として、GBSはあなたのニーズに応えます。私たちの法律家がアドバイスをし、あなたの懸念事項を全てクリアにし、会社の許可証取得のサポートをします。さらに、ベトナム政府に提出する金融報告のお手伝いもし、ビジネスを円滑に進めるために常に助言をしていきます。
頼もしいプロの法律家と協働しましょう。あなたの懸念事項ややりたいことを教えていただき、ミーティングの日程を決めましょう。

ステップ2:会社許可証
ステップ1で得た全ての情報は、ビジネスを円滑に進めるためのもので、ベトナムの法律を遵守していることを明確にしています。ステップ2では会社を合法的に運営するための会社許可証についてです。
どのようなタイプのビジネスを運営するかによりますが、会社許可証を受け取るにあたって異なる価格と時間がかかります。私たちが提供するサービスは、タックスコードと会社印の取得を含みます。

ステップ3:オフィスの場所
許可証を待っている間に、一緒にオフィスの場所を探しましょう。サービス業、広告業、レストランなら、ダウンタウンエリアにオフィスを構えるのが良いでしょう。しかし、平和で静かな場所を好み、広めの空間が必要なら、異なる提案をします。
値段:ホーチミン市やハノイの中心地に近いオフィスは22ドル/平方メートルから、新しい建物の場合は32ドル/平方メートルからになります。大きい家やヴィラをオフィスにすると、最低でも月1,800ドルかかるでしょう。
この値段にはセキュリティーシステム料、建物の清掃料が含まれていますが、VATは含まれていません。
もし引越し後にオフィスに満足できなければ、内装業者を見つけるお手伝いをしますので、あなたの思い通りのオフィスを作ってください。
オフィスを探すときに日本語が使える不動産屋をお探しの場合は、ホーチミンならRESS不動産が、ハノイならサクラハウジングが対応が良かったです。(どちらも会社名をクリックするとホームページに飛びます)

ステップ4:スタッフ
スタッフへの人件費の助言とともに、優秀なスタッフを見つけるためにプロのヘッドハンティングサービスを紹介します。

ステップ5:オフィスの設備
会社許可証、オフィス、スタッフが揃えば準備はほぼ完了です。あとはオフィスの設備を整えるだけです。
インターネット
オフィスのフルパッケージを使うことをおすすめします。ダウンロードスピードは3,072Kbpsからのものが良いでしょう。セットアップ料は170ドルからで、月額は60ドルからとなっています。
オフィスの備品
専門の仕入れ業者を紹介し、毎月備品リストを送ります。Eメールで注文すれば、オフィスまで配達します。
発電機
あなたのオフィスがビルの中にあれば、停電になった時の心配をする必要はありません。建物自体を借りている場合は、ニーズにあったバックアップシステムを選ぶお手伝いをいたします。
その他の設備
その他に必要な備品の一例です。
・オフィス用椅子:20ドル/脚~
・オフィス用デスク
・ノートパソコン:500ドル/台~
・会議用テーブル:150ドル/卓~
あなたのオフィスに最適な設備を選ぶお手伝いをします。
これはベトナムで起業する際の全体像です。私たちは、あなたの会社の設立をリーズナブルな値段でお手伝いするワンストップサービスプロバイダーです。

タイの労働許可証申請について

労働許可証によってタイ国籍を持たない人でも技術者としてだけではなく、雇用者としてタイ国内で働いたり、ビジネスを行うことができます。労働許可証はタイ王国で合法的に就労するにあたって必要になります。労働許可証なしで働くことは、ひどい結果をもたらすことになりかねません。違法就労で逮捕された外国人は罰金や禁固刑になります。
一般的に、労働許可証をもらうためには、雇用主の会社の資本金が重要になってきます。
・タイの法人で、外国人労働者を雇うための労働許可証を申請するためには、最低200万バーツの資本金を支払い済みであっる必要があります。しかし、被雇用者の配偶者がタイ人の場合は、必要な登録資本金が100万バーツとなります。
・外国の法人がタイでビジネスを展開する際、被雇用者への労働許可証を申請する場合は、最低300万バーツをタイに持ち込む必要があります。
以上の条件で最大10人分の労働許可証を得ることができます。しかし、タイ投資委員会(BOI)が創立した企業は、この規制の対象外です。タイ投資委員会の奨励企業は技術者を雇う上で、労働許可証やビザの発行において特別な権利を持っています。
労働許可証の取得申請をする前に、非移民ビザを取得しなければなりません。これはタイに到着する前に取得しておくのが理想的です。取得のためのお手伝いは、あなたの国かタイ近郊の国でもできます。さらに、タイ国内で旅行ビザから非移民ビザへの切り替えをすることもできます。

ステップ1:非移民ビザの取得

タイ国外で非移民ビザを取得する場合の条件
・申請者はタイでの仕事が決まっているか、タイでの起業が決まっている
・申請者は対して企業から非移民ビザを取得するよう求められ、それによって企業は労働許可証申請することができる
・企業は、申請者が常識的でタイ文化を尊重し、法を遵守すると保証している
あなたの国を出発する前30日以内に申請する必要があります。領事館に登録証と財政証明書のコピーを提出します。

ステップ2:労働許可証の取得
被雇用者は以下の必要書類を提出します。
・パスポート(全てのページのコピー。コピーには1ページずつ被雇用者のサインが必要です。)
・非移民ビザ
・出入国カードTM.6
・学歴証明書(*サイン入りコピー)
・謄本(*サイン入りコピー)
・申請者が保有している証明書または免許証(*サイン入りコピー)
・学歴と職歴の要約または履歴書(申請者の過去の職歴、仕事内容、期間、場所などを詳しく書いたもの)
・顔写真3枚(5×6センチのもので、顔全体が写っていてビジネスにふさわしい服装のもの。労働許可証申請にあたり、6ヶ月以内に撮影されたもの。)
・婚姻証明書(タイ人と結婚している場合)原本とコピーの両方が必要です。また、妻のタイIDカード、子供の出生証明書、家族登録証も必要です。
*タイ政府はあなたの国の大使館で認可されたこれらの書類を求める事があります。(これは学位、履歴書、免許証、証明書などに虚偽がなくオリジナルであることを証明するためです。そのために大使館に証明料を支払う必要があります。さらに、タイ政府はこれらの書類をタイ語へ翻訳するように求めることができます。)
雇用主は以下の必要書類を提出します。
・会社の登記書類
・株主名簿

・工業省工場局発行の工場設置許可証(必要な場合のみ)*
・Phor Phor 20*
・Phor Phor 30*
・Phor Ngor Dor 1
・社会保険加入証
*タイ政府は全ての書類の全てのページに対して会社印の押印、その印の横に管理職のサインをするよう求めています。さらに政府が、過去に信頼できる代理店が、申請の90日以内に発行した登録証などの必要書類のコピーを求めたケースもあります。
外国人1人を雇うには、タイ人のフルタイム労働者が4人必要になります。

労働許可証の受領
労働許可証を得るための重要な書類の一つに仕事内容の詳細を記したものが挙げられます。申請者の技術や知識が必要で、それらがタイ人労働者では補えないということを証明する必要があるからです。また、タイ国民の労働の機会を維持するために、全ての労働許可証の申請が認可されるわけではないということを覚えておく必要があります。
タイの労働許可証の申し込みを終えたら
私たちスタッフがあなたの労働許可証を申請しますが、その間にビザの有効期限が切れるようなことがあってはなりません。労働局のシステムは、あなたが労働許可証の書類に記入した非移民ビザ(滞在延長)とリンクしています。登記資本金が200万バーツの会社への労働許可証の発行は、バンコクでは7営業日、プーケットでは最長2ヶ月かかります。BOI企業はワンス
トップサービスセンターで3時間で申請することができます。労働局はあなたの労働許可証の発行日を記したレシートを渡すので、その日に受け取りに行きましょう。
新しい労働許可証にサインをする
労働許可証は労働局で受け取ることができます。本人がパスポートを持参し、タイ労働局のスタッフの前で労働許可証にサインをします。労働局はあなたのパスポートの後ろに受領スタンプを押します。
労働許可証の制限
労働許可証取得後は申請した企業でのみ働くことができます。もし同じ会社の違う支店で働く場合は、新たに労働許可証を取得しなければなりません。違う会社で働く場合も同様です。これは、労働許可証が特定の会社の特定の地域に対して発行されているからです。
もしその企業を辞めたり、解雇された場合は、労働許可証を10日以内に労働局へ返却しなければなりません。

ステップ3:タックスIDカード

タイ税務署
タイの労働許可証の申請書を準備すると同時に、雇用主を通じてタックスIDカードを取得する必要があります。タックスIDカードにはタックスID番号(TIN)が記載されており、これは様々な場面で必要になります。

ステップ4:再入国許可証を得る

ビザ延長か再入国許可証
滞在延長を再入国許可証を使って行うことに困惑している人がいるのは事実ですが、政府の見解は以下のようになっています。
申請書を提出したタイ大使館や領事が発行した「ビザ」は、その申請者が滞在できる日数を規定しています。旅行者はその日までにタイから出国する必要があり、その期間を過ぎてもタイに滞在している場合は移民法違反となるでしょう。労働許可証と再入国許可証はビザによります。
「再入国許可証」は、ビザの有効期限内であれば、一度出国しても再入国することができます。再入国許可証なしで出国した場合は、ビザと労働許可証が無効になります。一方で、ビザの期限が切れた場合は再入国許可証も無効となります。再入国許可証には、シングル(1度のみ再入国可)とマルチプル(無制限)があります。どちらを取得するにせよ、Siam Legalの法律家が取得のお手伝いをいたします。

ステップ5:ビザと労働許可証の更新
先述の通り、労働許可証を更新する前にビザを更新しておくべきです。この手続きは、タイ国内でも国外でも可能です。
もしマルチプルエントリービザを持っているなら、90日ごとにタイから出国し再入国しなければなりません。そうでない場合は出国後、必要書類とともに新たなビザを再申請する必要があります。

90日ごとに滞在の報告をしましょう
滞在期間を長期間延長している場合、移民警察に90日ごとに報告する必要があります。マルチプルエントリービザを持っている場合は、90日ごとに出国し滞在延長の更新をすれば良いだけです。私たちの会社は、移民局に対する90日ごとの報告を行うための年間サービスを提供しています。

カンボジアで外国人労働者のための労働許可証を取得するためには

カンボジアで働く予定の外国人は有効なEクラスビザを取得しなければなりません。これは、労働職業訓練省(MLVT)が発行している労働許可証と雇用カードとともに、「ビジネス」や「普通」ビザとして知られています。
外国人申請者は以下の要件を満たしている必要があります。

・雇用主から労働の要請があり、カンボジアの外国人雇用の規制を遵守している
・カンボジアに合法的に入国している
・パスポートの有効期限の残りが6ヶ月以上
・カンボジアに駐在する権利がある
・仕事に耐えうるだけの健康状態である
・伝染病に感染していない

この記事では、カンボジアで雇用関係のビザと労働許可証の点で外国人が知っておくべきことを説明します。

Eクラスビザの取得
カンボジアに滞在する外国人で、長期の滞在を希望する人は、Eクラスビザを取得する必要があります。このビザは30日間有効です。内務省の移民局へ申請書を提出することで、1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月の期間で延長することができ、最長で1年延長できます。
6ヶ月と12ヶ月のビザは、カンボジアへのマルチエントリーが可能となっていますが、1ヶ月と3ヶ月のビザはシングルエントリーとなっています。

外国人がEクラスビザを延長するには
・パスポートの有効期限の残りが6ヶ月以上
・パスポートの空白のページ
・パスポートサイズの写真
・更新料(米ドル)

以上が必要です。

ブルネイ、インドネシア、ラオス、マレーシア、ミャンマー、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナムのパスポート保有者は、30日以内の滞在であればEクラスビザは免除されます。
2016年9月、カンボジアはカテゴリー別のEクラスビザを導入しました。EB(ビジネス)、EP(プロポーザル)、EG(一般)、ER(退役)、ES(学生)、ET(技術者)があります。

EBビザ
EBビザは、カンボジアで働く外国人に対して発行されているEクラスビザの中で、最も一般的なビザです。このビザは、カンボジアで働く外国人、ビジネスを始めたい人、フリーランス、外国人被雇用者の就労しないパートナー、遺児やその他1ヶ月以上カンボジアに滞在したい外国人に対して発行されます。
労働許可証を得るための必要条件であるにも関わらず、EBビザ単独では労働の権利を保証されません。
カンボジアで外国人が合法的に雇用されるには、雇用主から労働許可証と雇用カードを取得しなければなりません。

労働許可証の取得
労働許可証は労働局によって発行され、外国人がカンボジアで合法的に働く許可を出しています。
全てのビジネスオーナーやカンボジアで働いて一定の収入を得る外国人は、雇用主から有効な労働許可証を取得しなければなりません。収入のないボランティア、外国政府の職員、外交官、NGO職員、国内で雇用されている家事手伝いは、労働許可証の取得を免除されます。
労働許可証は1年間有効で、1年のうちいつ発行されたかは関係なく、12月31日がその年の有効期限となります。更新の申請はMLVTで、1月1日から3月30日の間で行わなければなりません。

更新の遅延や新たに労働許可証を取得する場合は、125米ドルがかかります。

雇用カード
雇用カードは労働許可証とは別物で、カンボジアでの雇用履歴を記録するためのものです。労働許可証と同じように、雇用カードの有効期限も1年間となっており、毎年3月末までに更新する必要があります。

労働許可証と雇用カードの申請
労働許可証と雇用カードの申請書は、外国人労働者に代わって、雇用先の企業によって作成されMOIに提出されます。しかし、企業(海外国内ともに)は割り当て制度によって雇える外国人の人数に規制があります。
労働法によると、外国人を雇う企業はMLVTの割り当て制度に申請する必要があります。この制度では、外国人労働者が企業の労働者全体の10%を超えなことを規定しています。この定員は、特殊技術など現在のカンボジアでは確保が難しい労働者を雇用する場合に、MLVTの裁量で増員になることもあります。

企業や雇用主が必要な書類:
・会社印がある会社設立証明書
・登録されている会社の住所
・会社印がある税特許
・外国人雇用の割り当ての承認
・商業省の承認
・会社の基本定款
被雇用者が必要な書類:
・MOIが発行した申請書3セット
・有効なビザとパスポートのコピー
・写真(4×6)3枚
・健康診断書
・雇用主からの労働契約書

EPビザ
EPビザはカンボジアで職を探しているまたは起業しようとしている外国人に対して、Eクラスビザで許可されている30日の滞在終了後に発行されます。
EPビザは最長で3ヶ月まで延長できます。この3ヶ月で仕事を得られなかった外国人は、それ以上カンボジアに滞在することはできません。

ESビザ
ESビザはカンボジアの学校や大学に通う学生に対して発行されます。延長期間については定められていません。

おすすめ
カンボジアは労働ビザを取るにあたり、ハードルの低い国であるといえます。しかし、不法移民、不法労働者の増加により、政府は外国人労働者に対する労働許可証の必要条件を厳しくしています。
労働許可証を持たずに働いた場合は、年額100米ドルの罰金または禁固3ヶ月となり、国外追放の対象になることもあります。
このような状況を避けるためにも、労働ビザ、労働許可証を発行してくれる企業を見つけ、雇用カードを取得するのが賢明です。

ベトナムの労働許可証

ベトナムへの移住者で労働許可証の手続きについてよく知らない人は、経験者にそのプロセスがどれだけ煩雑なものかを聞いておくといいでしょう。さらに、ベトナム政府は労働許可証の規制をしばしば変更し、一貫性に欠けているので、困惑してしまうかもしれません。

ベトナムの労働許可証を申請するには
移住者は、雇用主かビザ代理店の手助けがあれば、労働許可証をベトナム国内からでも国外からでも申請することができます。ベトナム国内で申請する場合は、入国後90日以内に申請しなければなりません。政府は、許可証なしでの就職活動に対しては3ヶ月以内の滞在しか認めていないからです。

ベトナムの労働許可証の資格基準
・18歳以上である
・労働に耐えられるだけの健康状態である
・地元企業で働く場合は、管理職または経営者である、もしくはベトナムの労働市場ではカバーできない分野の専門家である
・国家安全の侵害の罪で有罪判決を受けておらず、刑事上の責任を問う検査を受けていないかつベトナムの法律や海外の法律によって刑事罰を受けていない

以上の資格を満たす者は、多くの書類を用意しベトナム語に翻訳しなければなりません。そして母国の承認を得る必要があります。承認はベトナム国内でも母国でも取得できますが、母国で取得することが望ましいでしょう。さらに、必要書類のコピーを少なくとも2枚は持っておくと安心です。
労働許可証の申請には手数料がかかり、労働契約の内容によって最長3年間の許可証を得ることができます。
書類の提出が完了したら、10営業日で発行されることになっています。しかし、多くの移住者はこの期間内には発行されないと言い、労働許可証を手にするまでには最低でも1ヶ月は待つとしています。

労働許可証の延長
現在許可証を受けている仕事を続ける場合、労働許可証の延長を申請するのは簡単です。現在の労働許可証の期限が切れる30日前には雇用主が申請しなければなりません。さらに延長の資格を得るには一定の条件を満たす必要があります。

労働許可証を延長するには
・雇用主は、現在外国人が従事している仕事に関して、ベトナム人に研修を行う計画があることを示さなければなりません。しかし、ベトナム人労働者がその仕事に従事できない場合は、労働法に明記されている労働規律を守っていれば、引き続き同じポジションで外国人労働者を雇用することができます。
・移住者は経済、広告、財政、金融、保険、科学技術、文化、スポーツ、教育、またはヘルスケア部門で仕事をしていることを証明しなければなりません。契約は36ヶ月以上である必要があります。
申請者がこれらの条件を満たしていて、雇用者が申請書を提出した場合、労働傷病兵社会福祉省によって15日以内に労働許可証の延長許可が出るでしょう。

*ビザや労働許可証の規定はしばしば変更になります。最寄りのベトナム大使館または領事館に最新の情報を問い合わせてください。また労働許可証の取得にお困りの場合は、キャリアリンクベトナム(外部リンク)などの人材紹介会社が行っていますので利用した際に確認してみてください。

タイでの仕事の探し方

世界の多くの人にとって、パラダイスのような国であるタイで働き、生活するということは夢であると思います。初めて微笑みの国に来ると、タイの自然の美しさ、文化、食事、天気、女性に恋をしてしまうでしょう。
初めてのタイ旅行は思い出深いものになり、普段の生活とは全く異なる世界です。もし定住することができ、生活するのに十分な仕事を得ることができれば、どんなに素晴らしいことでしょうか。

タイで仕事を探すのは難しいことなのでしょうか。
もちろん、これはとても一般的な質問であり、はいかいいえで答えられるような簡単な質問ではありません。しかし、タイは発展途上国であり、オフィスワークなどで西洋の国々のような給料を受け取れるわけではないということを心に留めておかなければなりません。また多くの外国人が、より良い仕事を探しているので、これだけは確実に言えます。日本のようないい条件の仕事をタイで見つけるのは簡単ではありません。
しかし不可能ではありません。正しいアプローチでタイでも良い条件の仕事を見つけるのは可能なのです。

タイで仕事を得るには、タイ語を話す必要があるのでしょうか。
いいえ、英語が話せれば問題ありません。私の推計では、タイで働く外国人のうち80%はタイ語を使いこなせていないと思います。もちろん基本的なタイ語を身につければ、さらに良い条件の仕事を見つけることができるでしょう。

タイで合法的に働くには、大学の学位が必要ですか。
いいえ、シンガポールなどの他のアジアの国々とは違い、高校を卒業していることが最低条件になります。労働局で労働許可証をもらうにあたっては、それで十分でした。

個別の面接に行く必要はありますか。
タイにいるのなら行きましょう。タイ国外から応募した場合は、スカイプや電話で面接することが多いです。滅多にないケースですが、面接のためにタイに来る人もいるようです。

タイの給料状況はどのようになっていますか。
日本のようには稼げないかもしれませんが、タイでの生活は安く、外国人労働者の給料に対しては最低限のラインがあります。日本人ですと5万バーツ(1500$)です。但し、飲食業やサービス業など特殊なスキルが必要としない、もしくはタイ人の労働者で賄える職種(コールセンターやツアーガイドなど)は、5万バーツを下回ることがあります。

以下、仕事を探し応募する様々な方法をご紹介します。

①タイの求人情報ウェブサイト

Jobs DBはタイでも最大級の求人サイトです。その他のウェブサイトと比較するとその情報量は5倍になります。
タイで仕事を探している人はこれらのウェブサイトをチェックしていて、条件にあったものにだけ応募するように心がけましょう。情報は日々更新されるので、常に最新の情報をチェックするようにしましょう。CV、推薦書、モチベーションレターなどを送ることで仕事に応募することができます。

②タイのリクルートエージェンシー(人材紹介会社)

CVと推薦書をリクルートエージェンシーに送ることで、条件にあった仕事を探してくれます。たくさんのエージェンシーがあるので、自分にあった会社を探してみて下さい。日本語が通じる人材紹介会社は、キャリアリンクタイランド、パーソネル、パソナテック、エコーアズなどです。

③新聞と雑誌

古典的なやり方ですが、新聞の求人広告をチェックするという方法もあります。タイにおける英字新聞は以下の4誌です。
・Bangkok Post
・Phuket Ghazette
・Pattaya Mail
・Chiang Mai Mail
新聞を買わなくても、ホテルやレストラン、サブウェイ、ピザハット、マクドナルドなどのファストフード店に置いてあります。
またBK MagazineやDer Farangなどの英字雑誌も求人広告を載せています。店やホテル、西洋レストランなどを見てみてください。
仕事を探している間タイにいない場合は、新聞や雑誌のウェブサイトをチェックしてみましょう。求人広告を掲載している場合があります。
日本食レストランに行けば、日本語のフリーペーパーがあります。そこの中にも求人情報が掲載れています。

FacebookやLinkedinのグループ

外国人のための大きなグループがいくつかあります。まずはグループに参加リクエストを送りましょう。参加が受け入れられると、どのような仕事を探しているかを書き込むことができ、メンバーからアドバイスをもらうことができます。また他の人がどのような投稿をしているかをチェックし、コメントを残したりメッセージを送ったりすることもできます。外国人向けのタイの大きな

ネットワークイベント

職探しをタイでしているなら、働いている移住者、仕事を探している人、雇用主など様々な人と繋がることのできる場所があります。バンコク空港はネットワークのパラダイスです。イベントはバンコクで開かれることが多いですが、パタヤ、プーケット、チェンマイなどでも開かれています。

タイで友達を見つける

タイで多くの友情が生まれていることに驚くことでしょう。これは、一晩で新しい人との繋がりを作ることに似ていますが、ただ休暇のためにタイにいるだけでも外国人と交流することができ、そこで交流した人たちが思わぬ雇用の機会をもたらしてくれるかもしれません。

シンガポールで働くには:労働許可証の取得

外国人がシンガポールで働くにあたって労働許可証を申請するには、いくつかの選択肢があります。知識や技能、仕事によって、エンプロイメントパス、Sパス、労働許可証、エンターパスの4種類のどれかを申請する必要があります。
高所得の専門家はエンプロイメントパス、技術者はSパスか労働許可証が多いです。エンターパスはこれからシンガポールでの起業を考えている人達向けです。

1. エンプロイメントパス(EP)

シンガポールの雇用主から仕事のオファーを受けた外国人専門家で、月給3,300Sドル以上の場合はエンプロイメントパスを得る資格があります。雇用主または雇用代理店が被雇用者に代わって申請しなければなりません。承認されれば、被雇用者は最長で2年間、シンガポールに住み、働くことができ、以後の更新で最長3年まで延長することができます。パス保有者の月給により、扶養家族の滞在期間も異なります。EPを持っている被雇用者は企業の外国人労働者割り当てには含まれません。

パーソナライズエンプロイメントパス(PEP)

エンプロイメントパスを持っていて、月給が12,000Sドル以上ある人は、直接パーソナライズエンプロイメントパスを申請することができます。外国人専門家で月給18,000Sドル以上の人も申請の資格があります。有効期限は最長で3年間で、更新はできません。他のパスと比べると、PEPではよりよい仕事を見つけることができます。保有者は最長で6ヶ月間、シンガポールで仕事を探すことができ、法や医療を除くどのような分野でも働くことができます。仕事を変えた場合でも、新たなパスを再申請する必要がなく、労働省へ届け出をするだけで済みます。

2. Sパス

月給2,200Sドル以上の中級レベルの技術者は、雇用主か雇用代理店を通してこのパスを申請します。仕事を変える場合には、新たな雇用主が新しいパスを被雇用者の代わりに申請しなければなりません。最長で2年間有効で、それ以降は最長で3年間の更新が可能です。このパスの利点は、雇用主が被雇用者に対して医療保険を提供する義務を負っているという点です。
しかし、Sパスの取得は簡単ではありません。企業側はパス保有者がいると人頭税が課税され、厳しい外国人労働者割り当てを遵守しなければならないからです。サービス業の場合、Sパス保有者は全従業員の15%以下にしなければなりません。その他の職種は20%以下の割り当てとなります。月の人頭税は10%以下の人数に対しては、外国人労働者1人につき、月315Sドルとなっており、10%を超える場合には550Sドルとなっています。

3. 労働許可証

技術者のうち、建設業、製造業、海運業、プロセスやサービス業に従事する人へ発行されます。雇用主や雇用代理店が被雇用者に代わって申請する必要があります。最長で2年の有効期限があり、更新可能です。Sパス同様、人頭税の納付と外国人労働者割り当てに適合していなければなりません。この2つは産業によって異なります。労働許可証とSパス、エンプロイメントパスの大きな違いは、労働許可証の場合は家族がシンガポールに住むことはできませんが、Sパスとエンプロイメントパスは条件を満たせば家族が同伴することができる点です。

4. エンターパス

外国人で、シンガポールでの起業を考えている場合はこのパスを直接申請することができます。申請の条件を満たすためには、申請者とその会社が特定の条件を満たしている必要があります。会社は会計企業規制庁に登録されていなければならず、払込資本を少なくとも50,000Sドル保有していなければなりません。エンターパスは保有者に対して、最長1年間シンガポールに住むことを許可しており、期限後は更新の必要があります。パスの更新後は家族を呼ぶこともできます。最初の1年間は家族を連れてくることはできませんが、仕事が軌道に乗り、特定のレベルを満たすことで家族の居住が可能となります。

この4つがメインの就労ビザとなりますが、他にも外国人がシンガポールで生活し働くためのパスがあります。例えば、外国人家事手伝い、助産師、演劇・音楽のパフォーマー、訓練生、学生、パス保有者の家族、短期間労働などに発行されるものです。