シンガポールで仕事を見つけるための簡単な7ステップ

仕事を探すことは、悲惨な経験になる可能性があります。もしあなたが違う国への定住を目指すのなら、職探しの過程はより複雑になります。仕事を見つけるだけではなく、就労ビザの申請などの書類事務の手続き、そして新たな生活へ移行しなければなりません。
思い切った選択をするのなら、シンガポールは理想的な場所です。この島国は、英語を母語とする多文化的な中心都市です。
シンガポール人の雇用主は外国の専門家を雇うことに慣れており、政府も移住者に対して歓迎ムードがあります。躊躇する前に、この記事を読んでシンガポールで働き始めることがいかに簡単かを実感してください。

1. シンガポールで働くのに適任であるかどうかを確認しましょう。
仕事を探し始める前でも、シンガポールで働くために必要な条件を明確にしておく必要があります。適任であることを証明するためのいくつかの労働パスや許可証があります。

一般的には仕事に関連した資格や経験が必要条件となります。就労ビザを申請する前に仕事に就くことができれば、給料も最低限はもらうことができるでしょう。

2. シンガポールでのあなたの仕事の活動分野を知りましょう。
シンガポールで仕事を探すための最初のステップは、あなたの潜在的な仕事の活動分野を分析することでしょう。仕事の見つけやすさはあなたのキャリア次第です。特定の分野は成長が著しい一方で、他の分野は停滞しているのです。
観光業は盛んで、特に近年ではメジャーなアトラクションや贅沢なリゾートがオープンしています。
コンピューターサイエンスも人気で、国自体は小さいですが、ゲーム開発においてはめざましいものがあります。

3. 仕事に応募しましょう。
仕事を見つけるための多くの就職活動のためのウェブサイトがあります。これらのウェブサイトは仕事を探したり、雇用主と繋がるのに便利です。
古典的なやり方では、新聞の気になる求人広告にマーカーをひいていくという方法もあります。
リクルートエージェンシーや人材供給会社の利用も視野に入れるといいでしょう。費用はかかりますが、一般的に高い確率で仕事を見つけることができます。また、あなた自身のつながりも活用しましょう。ネットワークや紹介は大きな違いを生みます。

4. 静かに待ちましょう。
あなたの理想の仕事に応募し、候補者リストに載ることができれば雇用主から連絡があるでしょう。面接は2週間から2ヶ月の間で完了することが多いようです。
面接に向けて綿密に準備をしましょう。もしかすると面と向かってではなく、電話やテレビ電話を通して行われるかもしれません。シンガポールは多文化国家で適性を重視しています。高い英語力、国際的な態度、素晴らしい適性をアピールしなければなりません。

5. 仕事の依頼を受けました。
仕事の依頼を受け、契約になると、大抵3~5日で事務的手続きを行い、仕事を受けるかどうかを決定します。あなたの給料が予定された雇用許可証の条件を満たしていることを確認しましょう。シンガポールの雇用者は外国人を雇うプロセスに詳しいので、そこまで煩わしいことはないでしょう。

6.專門職業の手続き
シンガポールには專門職業について特定のラインがあります。これらの職業は政府に登録する必要があり、職業と給与の詳細について開示しなければなりません。
登録が必要な職業の例としては、歯科、エンジニア、土地測量、法律、薬、製薬、看護などです。これらの専門職は地方条例によって管理され、登録された全ての個人に対して強制力を持ちます。

7.労働ビザを申請しましょう。
仕事を引き受け、詳細を確認したら、あなたにあった労働ビザを取得しなければなりません。
外国人専門職はいつでもシンガポールに迎えられ、ビザの取得もそこまで煩雑ではありません。
返金不可の登録料を支払い、申請書を提出しましょう。オンライン申請の場合は7営業日かかります。手書きの場合は最大で5週間かかります。
・エンプロイメントパス:外国人専門職で年長者に発行されます。少なくとも月3,300SGDを稼ぎ、ふさわしい資格を持っている必要があります。
・エンターパス:このビザは野心のあるビジネスマン向けのビザです。外国人の企業家で、シンガポールのマーケットで新たなビジネスを始めたい人は、このビザが必要です。
・パーソナライズエンプロイメントパス:収入が高く、すでにエンプロイメントパスを持っている人や外国人専門職の人に対して発行されます。特定の雇用主に拘束されることなく働くことができます。
・Sパス:専門職までは届かないレベルの労働者に対して発行されます。少なくとも月2,200SGDを稼ぎ、一定の評価を得る必要があります。
その他の労働許可証は半熟練の外国人労働者、家事労働者、アーティストに対して発行されます。また、職業訓練、学生、家族に対して発行されるパスについては、ウェブサイトで確認できます。
仕事を探すのは簡単なことではありません。シンガポールのマーケットは競争心が強く、専門職の人たちでも難しい挑戦になりうるのです。
しかし、努力は報われます。この島国は多文化のメルティングポットで、世界中の国々と比べても簡単に馴染むことのできる国です。
まずは求人広告をチェックするところから始めましょう。そしてシンガポールという魅力的な世界に移住しませんか。

タイの生活

タイの生活は美しい景色、エキゾチックなビーチ、国立公園、自然、歴史的な都市によって、移住者に美しい国での生活を提供しています。タイの人々はとてもフレンドリーで、彼らは豊富な文化遺産をとても誇りに思っています。タイに住む人々の文化とライフスタイルは仏教やヒンズー教の影響を受けており、民族と文化の多様性は重く祝われ、崇敬されています。多くの色彩豊かなお祭りやイベントが1年を通して開催され、移住者にとっては常に何か楽しいことが起こるのです。

移住先としてのタイ
タイには、退職者、事業部長、学生、教師、社長など様々な移住者コミュニティーが存在します。人々はここでの生活に魅了され、美しい場所でリラックスして過ごしています。しかし、移住者にとって欠点もあります。資産と土地の所有が事実上不可能であり、ビザの規定が込み入っているという点です。もしあなたがこれらの欠点に向き合えるのであれば、素晴らしい気候の下、楽しい生活が保障されるでしょう。

タイの生活のコスト
タイで生活するためのコストは、世界の他の国と比べても安いです。家はどこに住むかによってコストが決まりますが、賃貸の場合は西洋の国と比べても一般的に安くなっています。
移住者が驚くのは、タイ料理や洋食の値段の違いです。地域のレストランはとても安く、地元の人々は日々外食を楽しんでいます。家で作るよりも安いからです。しかし、洋食の値段は西洋の国と比べてそこまで大きく変わりません。ワインはとても高いですが、ビールや地元のお酒はとても安く手に入れることができます。

言語
タイで話されている基本的な言語はタイ語です。中国語、ラオス語、クメール語、マレー語を話す少数派もいます。また、タイの多くの人が英語も話します。

気候
暑く、湿度が高いです。7月から11月はモンスーンの季節です。

タイでの生活:移住者の仕事と自己実現
移住者に対する仕事はありますが、会社内の転勤や母国で雇用されタイに転勤になるといったケースがほとんどです。バーやレストランでの仕事を見つけるのは比較的簡単ですが、給料は安いです。多くの移住者は移住後に起業したり英語を教えたりしています。

移住者がタイで生活するために知っておくべきキーポイント

1. タイでは2台3台の縦列駐車が一般的になっています。車はニュートラルにして駐車し、自分の車の進路が塞がれている場合は押してよけます。駐車場に戻った時に、他の車が自分の車をふさぐような形で駐車していても驚かないでください。ただ車を押して進路を確保すればいいだけです。
2. 外国人が交通事故に巻き込まれた場合はその事故の責任を自動的に負うことになります。これは、外国人のタイでの行動によって事故が起こったという事実に基づいています。もしあなたがタイにいなければ、何も起こらないはずです。
3. 地主は12.5%の財産税を払う法的責任があります。これを借用主に負担させる時主もいるので、リース契約をする際には、常に税務上の手続きには注目しておく必要があります。
4. タイの人々は西洋人を「ファラン(外国人)」と呼びます。たとえあなたの本名を知っていたとしても、この呼び方で呼ばれることが多いでしょう。
5. タイの人々は王室に対してとても真剣で、これを批判することは決してするべきではありません。肖像画や写真は敬意を持って扱いましょう。そうしなければ深刻なトラブルに巻き込まれてしまいます。

シンガポールへの移住

シンガポールに移住することは多くの人々の夢です。なぜならそこでの生活は最高であると考えられているからです。シンガポールはアジアの都市の中でも綺麗な街で、イギリスの植民地時代からの特徴を引き継ぐ一方で、よく発展した環境の最前線であるとも言えます。マレーシアの南端というシンガポールの位置は、アジアの貿易や財政上最も重要な場所の一つとなり、GDPによると、今日世界で5番目に裕福な国になりました。また世界で4番目に大きい国際貿易センターもあります。
シンガポールの人口は500万800人(2010年6月現在)となっており、大半は中国人(70%)、マレー人、インド人の血を引き継いでいます。シンガポールは法的にもとても厳しい国であるとされる一方で、権力国家として実際には国の治安を維持しているのです。
主な宗教は仏教、イスラム教、ヒンズー教、キリスト教と道教です。
移住先としてのシンガポール
世界中からシンガポールへ移住してくる外国人の数は多く、2010年6月現在で永住権を持っていない人口は1.31%となっています。シンガポールは外国人にとって文化へ馴染んだり、安全性、環境面で移住先としてのハードルが低い国です。
また家族で移住するにも適していて、高いレベルの教育や、お手伝いさんが安い、安全性型海面から子育てをする環境としてはあなたの国よりもいい環境かもしれません。
生活水準は高く、ヘルスケア施設はどこにも劣りません。シンガポールの犯罪率は真夜中でも低いです。街中に移住者のグループやクラブがあるので、国籍関係なく、街のどこかで気の合う移住者に巡り会うことができます。
シンガポールへの移住者にとっての難点の一つとしては、テレビやメディアで放送される情報は政府による検閲があるということです。しかし、信頼できる手頃なブロードバンドサービスがあるので、この状況は移住者にとって、そこまで障害にならないでしょう。
シンガポールでの生活費
シンガポールの生活基準はとても高いですが、そのぶん費用もかかります。マーサーの2012年世界生計費調査で、シンガポールは生活費が高い都市のトップ10にランクインしており、前年の8位から6位へ2ランクアップしています。移住者で、母国と同じように生活を楽しみたい場合は、賃貸、持ち家に関わらず、その生活費はとても高くなります。アルコールの税率も高く、バーやクラブに行くのが好きな人々は、社会生活を維持するのに莫大なお金がかかってしまいます。車にかかる重量税も高いので、車を持つにもコストがかかります。
全体的には、食料や雑貨はリーズナブルです。地元の露店やショッピングモールのフードコートでの食事は安く済ませることができます。

言語
シンガポールの公用語は中国語(マンダリン)で、政府が使っているのもこの中国語です。しかし、英語が共通語となっており、ビジネスや貿易で使われています。学校で子供達は英語で学習しますが、中国語の習得も期待されています。その他の言語としては、タミル語、マレー語、広東語があります。

気候
シンガポールはほぼ赤道上にある国で、季節の変化がない熱帯気候を楽しむことができます。
年間を通して気温と湿度が高く、雨も多く降ります。気温は一般に22°Cから34°C(72°Fから93°F)の間です。雨が降ると湿度が上がり、100%になることもしばしばあります。一番暑いのは6月と7月で11月と12月はモンスーンの時期になります。

シンガポールへの移住:移住者の仕事と自己実現
あなたが高学歴で、強い職歴があれば、シンガポールで仕事をする機会はあります。しかし、競争率の高さとシンガポール人が高学歴であるということから、仕事を見つけるのはとても難しいです。シンガポールへの移住を考えていて、今の会社からの転勤でなければ、シンガポールに入国する前に仕事を見つけておくことをおすすめします。
人々とのネットワークはとても重要で、多くの人々が求人広告ではなく、知り合いを通して仕事を見つけています。
移住者に対して多くの求人を出しているのは、金融や財政産業です。その他にも海運業、IT、電子工業などの分野にも求人があります。最近のグローバル経済の問題にも関わらず、トレンドは上昇傾向にあります。
他の国々とは異なり、外国人配偶者でシンガポールで働きたい人は自身の有効なエンプロイメントパスがない限り働くことができません。

移住者が知っておくべきシンガポール移住のキーポイント
1. シンガポールの東部の気候はより暖かく乾燥しています。これはどの地域に住むかを決める上で心に留めておくと良いでしょう。
2. シンガポールでは、テレビを持っていると免許料として税金がかかります。
3. シンガポールに持ち込める犬の種類にも制限があります。また、飼うことができる動物とその数は、住んでいる建物によって異なります。
4. 左ハンドルの車はシンガポールでは禁止されているため、そのような車は輸入されません。
5. シンガポールでは最長1年間自身の運転免許証で運転することができますが、その後はシンガポールの運転免許証に切り替える必要があります。

ベトナムでビジネスを始めるための段階的なガイド

これはベトナムでビジネスを始めるためのガイドです。あなたの役に立つことを願っています。

ステップ1:法的なアドバイスと投資コンサルティング
まず初めに、GBSのような法律事務所から法的なアドバイスをもらいましょう。私たちは以下の質問に対する情報を提供することができます。
・どのような産業に投資をするべきですか。
・あなたのビジネスに影響が出るような規制や変化がありますか。
・ベトナム政府は海外の投資家にどのビジネス分野に特化して欲しいのですか。
・どのような種類の会社を始めるべきですか。
-ベトナムの会社
-株式会社
-外資系企業
-海外投資企業
-合弁会社
・ベトナムで外国人が保有できないビジネスの分野は何ですか。
・あなたのビジネスの最低限の資金はいくらですか。
・年間の税率はどれくらいですか。あなたのビジネスの所得税率はいくらですか。
・会社の許可証以外に何か特別な認定証がありますか。
・会社の許可証を得るのにかかる期間はどれくらいですか。
・会社を保有するにあたって、ベトナムの法律で満たすべき条件はありますか。
・ベトナムから海外への送金方法、手数料はいくらですか。
・ビジネスに向けた投資奨励策は何かありますか。
・月間と年間の金融報告はどのように行えば良いですか。
・商事紛争におけるベトナムの法律の役割はどのようになっていますか。
プロの法律事務所として、GBSはあなたのニーズに応えます。私たちの法律家がアドバイスをし、あなたの懸念事項を全てクリアにし、会社の許可証取得のサポートをします。さらに、ベトナム政府に提出する金融報告のお手伝いもし、ビジネスを円滑に進めるために常に助言をしていきます。
頼もしいプロの法律家と協働しましょう。あなたの懸念事項ややりたいことを教えていただき、ミーティングの日程を決めましょう。

ステップ2:会社許可証
ステップ1で得た全ての情報は、ビジネスを円滑に進めるためのもので、ベトナムの法律を遵守していることを明確にしています。ステップ2では会社を合法的に運営するための会社許可証についてです。
どのようなタイプのビジネスを運営するかによりますが、会社許可証を受け取るにあたって異なる価格と時間がかかります。私たちが提供するサービスは、タックスコードと会社印の取得を含みます。

ステップ3:オフィスの場所
許可証を待っている間に、一緒にオフィスの場所を探しましょう。サービス業、広告業、レストランなら、ダウンタウンエリアにオフィスを構えるのが良いでしょう。しかし、平和で静かな場所を好み、広めの空間が必要なら、異なる提案をします。
値段:ホーチミン市やハノイの中心地に近いオフィスは22ドル/平方メートルから、新しい建物の場合は32ドル/平方メートルからになります。大きい家やヴィラをオフィスにすると、最低でも月1,800ドルかかるでしょう。
この値段にはセキュリティーシステム料、建物の清掃料が含まれていますが、VATは含まれていません。
もし引越し後にオフィスに満足できなければ、内装業者を見つけるお手伝いをしますので、あなたの思い通りのオフィスを作ってください。
オフィスを探すときに日本語が使える不動産屋をお探しの場合は、ホーチミンならRESS不動産が、ハノイならサクラハウジングが対応が良かったです。(どちらも会社名をクリックするとホームページに飛びます)

ステップ4:スタッフ
スタッフへの人件費の助言とともに、優秀なスタッフを見つけるためにプロのヘッドハンティングサービスを紹介します。

ステップ5:オフィスの設備
会社許可証、オフィス、スタッフが揃えば準備はほぼ完了です。あとはオフィスの設備を整えるだけです。
インターネット
オフィスのフルパッケージを使うことをおすすめします。ダウンロードスピードは3,072Kbpsからのものが良いでしょう。セットアップ料は170ドルからで、月額は60ドルからとなっています。
オフィスの備品
専門の仕入れ業者を紹介し、毎月備品リストを送ります。Eメールで注文すれば、オフィスまで配達します。
発電機
あなたのオフィスがビルの中にあれば、停電になった時の心配をする必要はありません。建物自体を借りている場合は、ニーズにあったバックアップシステムを選ぶお手伝いをいたします。
その他の設備
その他に必要な備品の一例です。
・オフィス用椅子:20ドル/脚~
・オフィス用デスク
・ノートパソコン:500ドル/台~
・会議用テーブル:150ドル/卓~
あなたのオフィスに最適な設備を選ぶお手伝いをします。
これはベトナムで起業する際の全体像です。私たちは、あなたの会社の設立をリーズナブルな値段でお手伝いするワンストップサービスプロバイダーです。

タイの運転免許証を取得するには

タイに3ヶ月以上滞在するのなら、国際運転免許証を持っていても、タイの運転免許証が必要になるでしょう。いくつかの保険会社は、保険で十分な保証を得るには、運転者は有効なタイの運転免許を持っているべきだと規定しています。
取得して良いことは、タイの運転免許証を持っていれば、特有の「ファラン料*」を払う必要がない場合があります。タイの運転免許証を持っていることで、運転者が旅行者ではないことの証明になるからです。また、タイの運転免許証を持っていることで、パスポートを常に携帯していなくても、警察が大目に見てくれることもあります。
タイの運転免許証を外国人が申請する場合には、以下の条件を満たしている必要があります。

ファラン料:寺院などの観光地で観光客はタイ人よりも高い入場料がかかりますが、タイの運転免許証を持っていることで、タイ人と同じ価格で入場できる場所があります。

資格条件

・心身ともに健全(車を安全に運転することを妨げるような身体または精神障害がない)で、18歳以上である
・申請者がタイ国籍を持たない場合、有効な非移民ビザを保有している(旅行者は申請できません。)

タイの運転免許証を申請する際に必要なもの

・タイ語を読めなかったり、理解できない場合、申請書の記入、講義、テストの手助けをするための翻訳者
・有効な非移民ビザと有効なパスポート
・サイン入りのパスポートの最初のページ、非移民ビザのページ、最新の入国印が押してあるページそれぞれのコピーとTMカードのコピー
・大使館か入国管理局から発行された、発行後30日以内の在留届出済証明書

ヒント:大使館からの証明書が一番早く届きますが、移民局は無料で発行しています。しかし、完了までに3~6週間かかり、地域の警察官があなたの家に訪問し居住の実態があるかどうかを確認します。
タイで働いている場合:労働許可証が書類や住所の証明の代わりになります。

・身体的、精神的に健康であるという医師の診断書(標準フォームは多くのクリニックで取得できます。発行後30日以内のもの)
・撮影後6ヶ月以内の1×1インチの写真2枚(写真サービスは建物内にあります。)
・有効な国際運転免許証と母国の運転免許証のサイン入りのコピーまたは大使館や領事館で翻訳されたもの
・免許証1枚につき以上の書類が1セット必要になりますが、車とバイクの免許を申請する場合は、医師の診断書と在留届出済証明書は2つ目の申請書にコピーしたものが使えます。

申請の手順

・タイ語申請書フォームを35番の窓口で受け取って記入し、1年間の仮免許の申請をしてください。
・写真を持参していない場合は、翻訳者が35番窓口で待っている間に申請室のブースで撮影することができます。
・上記のすべての書類を提出し、左側の窓口へ移動し数分間待ちます。
・書類が返却されると、別の書類の確認のために20番窓口へ行くように言われます。承認印をもらったら、35番窓口に戻ります。
・その他の手続きが終わると、3階にあるテストエリアに案内されます。ここでは3つのテストに合格する必要があります。

1. 色盲検査:職員が色のついたドットのポスターを指差すので、そのドットの色を答えます。タイ語での回答が好まれますが、英語でも理解してもらえます。
2. 反射検査:アクセルペダルとブレーキペダルのついた座席に座ります。緑のLEDが点灯するまでアクセルを踏み続け、LEDが赤になる前にブレーキペダルを踏みます。これを2回繰り返します。
3. 遠近感検査:前後に動かすボタンを使用し、約10メートルの距離にある小さな箱の中にある棒を動かしてもう1本の棒と平行になるようにします。実際よりも複雑に感じるかもしれませんが、

・以上のテストに合格すると、書類にサインされ返却されます。その後最初の窓口へ戻り、すべて完了すれば列番号をもらうことができます。左にある窓口(1~6)へ移動し、ボードに自分の番号が表示されるまで待ちます。書類とパスポート(労働許可証がある場合は労働許可証)を手渡します。すべての確認が終わると、105バーツを支払います。数分後、あなたの名前が呼ばれ、サインをした後、晴れて1年間の仮免許を受け取ることができます。
・メイン棟の後ろにある屋台とトイレの間にある小さな店では最安値で免許証のカットとラミネート加工をすることができます。
・車に乗り込み、笑顔で運転しましょう。

ベトナムでの生活

ベトナムでの生活は真の東南アジアでの生活を体験することができます。ベトナムは歴史的に戦争と厳しい計画経済を乗り越えてきた貧困と人口密度の高い国です。しかし今日、旅行先としての人気が高まり、その美しい田園地帯とビーチは過去の悲劇と同じくらい有名になっています。
ベトナムは小さな国ですが、総面積は329,500平方キロメートルで、54の部族が生活しています。86%がキン族(ベト族)です。国は58の省と5つの中央直轄城舗から成り立っています。中央直轄城舗はハノイ、ハイフォン、ダナン、ホーチミン市、カントーの5つです。

移住先としてのベトナム

近年、ベトナムは移住先としての人気が高まっていて、外国人が生活するにあたり安全な場所であると認知されるようになってきました。移住者は気候、安い生活費、文化、ベトナムのインフラの着実な改善に魅了されています。しかし、これらの利点を考慮しても、ベトナムの生活で移住者が問題に直面している現実もあります。公害が大きな問題となっており、汚い煙を吸わないためにマスクをして外出するのが移住者と地元の人々にとって普通になっています。また、交通事情も問題の1つです。道路は常に多くの車とバイクで渋滞しており、交通事故の死亡率が世界でも高い国の1つとなっています。

ベトナムでの生活費

ベトナムは生活費が安く、移住者はある程度の支出でとても快適な生活をすることが可能です。マーサーの2012年世界生計費調査では、ハノイは前年同様136位でした。大都市の高級志向のアパートから郊外の質素な家まで、様々な住居があるので、全ての予算に合わせることができるのです。
地域の食事と洋食の値段では大きな差があります。地元のバーやレストランで食事をする場合は、とても安く済ますことができます。しかし、洋食を提供するバーやレストランは高いです。他のアジアの都市と同じように、ビールとスピリッツは安いですが、ワインは高いです。
ベトナムへの移住ガイドでは、生活に必要なものの値段のリストがあり、食料雑貨類、外食、交通費、教育費などの生活費が記載されています。

言語

ベトナム語(公用語)、英語(第2言語として)、少数派ではフランス語、中国語、クメール語が話されています。

気候

南部の大半が熱帯気候で、北部はモンスーン気候です。

ベトナムでの生活:移住者の仕事と自己実現

ベトナムに住む移住者への労働の機会は珍しいですが、全くないわけではありません。非営利の国際的な開発業務に関連した仕事の機会は増えつつあります。キャリアリンクベトナムのようなウェブサイトは地域の雇用についての詳細を掲載しています。しかし、これらの仕事は特定の業務における経験がある人に限られていることが多いです。NGOの仕事に加えて、コンピューター関連のスキルは需要があり全地域でその技術を教えるという仕事があります。

ベトナムでの生活で移住者が知っておくべきキーポイント

・現在、移住者の実際の土地所有は不可能です。ベトナムへの移住者は土地を50年間借りることができ、その土地に家を建てることは可能です。
・ベトナムの運転免許証を持たない外国人が車を借りたり運転することは禁止されています。バイクは使用可能ですが50ccまでです。運転免許証を取得すれば、運転することが出来ます。日本の免許証を持っていれば書き換えが出来ます。