タイでの仕事の探し方

世界の多くの人にとって、パラダイスのような国であるタイで働き、生活するということは夢であると思います。初めて微笑みの国に来ると、タイの自然の美しさ、文化、食事、天気、女性に恋をしてしまうでしょう。
初めてのタイ旅行は思い出深いものになり、普段の生活とは全く異なる世界です。もし定住することができ、生活するのに十分な仕事を得ることができれば、どんなに素晴らしいことでしょうか。

タイで仕事を探すのは難しいことなのでしょうか。
もちろん、これはとても一般的な質問であり、はいかいいえで答えられるような簡単な質問ではありません。しかし、タイは発展途上国であり、オフィスワークなどで西洋の国々のような給料を受け取れるわけではないということを心に留めておかなければなりません。また多くの外国人が、より良い仕事を探しているので、これだけは確実に言えます。日本のようないい条件の仕事をタイで見つけるのは簡単ではありません。
しかし不可能ではありません。正しいアプローチでタイでも良い条件の仕事を見つけるのは可能なのです。

タイで仕事を得るには、タイ語を話す必要があるのでしょうか。
いいえ、英語が話せれば問題ありません。私の推計では、タイで働く外国人のうち80%はタイ語を使いこなせていないと思います。もちろん基本的なタイ語を身につければ、さらに良い条件の仕事を見つけることができるでしょう。

タイで合法的に働くには、大学の学位が必要ですか。
いいえ、シンガポールなどの他のアジアの国々とは違い、高校を卒業していることが最低条件になります。労働局で労働許可証をもらうにあたっては、それで十分でした。

個別の面接に行く必要はありますか。
タイにいるのなら行きましょう。タイ国外から応募した場合は、スカイプや電話で面接することが多いです。滅多にないケースですが、面接のためにタイに来る人もいるようです。

タイの給料状況はどのようになっていますか。
日本のようには稼げないかもしれませんが、タイでの生活は安く、外国人労働者の給料に対しては最低限のラインがあります。日本人ですと5万バーツ(1500$)です。但し、飲食業やサービス業など特殊なスキルが必要としない、もしくはタイ人の労働者で賄える職種(コールセンターやツアーガイドなど)は、5万バーツを下回ることがあります。

以下、仕事を探し応募する様々な方法をご紹介します。

①タイの求人情報ウェブサイト

Jobs DBはタイでも最大級の求人サイトです。その他のウェブサイトと比較するとその情報量は5倍になります。
タイで仕事を探している人はこれらのウェブサイトをチェックしていて、条件にあったものにだけ応募するように心がけましょう。情報は日々更新されるので、常に最新の情報をチェックするようにしましょう。CV、推薦書、モチベーションレターなどを送ることで仕事に応募することができます。

②タイのリクルートエージェンシー(人材紹介会社)

CVと推薦書をリクルートエージェンシーに送ることで、条件にあった仕事を探してくれます。たくさんのエージェンシーがあるので、自分にあった会社を探してみて下さい。日本語が通じる人材紹介会社は、キャリアリンクタイランド、パーソネル、パソナテック、エコーアズなどです。

③新聞と雑誌

古典的なやり方ですが、新聞の求人広告をチェックするという方法もあります。タイにおける英字新聞は以下の4誌です。
・Bangkok Post
・Phuket Ghazette
・Pattaya Mail
・Chiang Mai Mail
新聞を買わなくても、ホテルやレストラン、サブウェイ、ピザハット、マクドナルドなどのファストフード店に置いてあります。
またBK MagazineやDer Farangなどの英字雑誌も求人広告を載せています。店やホテル、西洋レストランなどを見てみてください。
仕事を探している間タイにいない場合は、新聞や雑誌のウェブサイトをチェックしてみましょう。求人広告を掲載している場合があります。
日本食レストランに行けば、日本語のフリーペーパーがあります。そこの中にも求人情報が掲載れています。

FacebookやLinkedinのグループ

外国人のための大きなグループがいくつかあります。まずはグループに参加リクエストを送りましょう。参加が受け入れられると、どのような仕事を探しているかを書き込むことができ、メンバーからアドバイスをもらうことができます。また他の人がどのような投稿をしているかをチェックし、コメントを残したりメッセージを送ったりすることもできます。外国人向けのタイの大きな

ネットワークイベント

職探しをタイでしているなら、働いている移住者、仕事を探している人、雇用主など様々な人と繋がることのできる場所があります。バンコク空港はネットワークのパラダイスです。イベントはバンコクで開かれることが多いですが、パタヤ、プーケット、チェンマイなどでも開かれています。

タイで友達を見つける

タイで多くの友情が生まれていることに驚くことでしょう。これは、一晩で新しい人との繋がりを作ることに似ていますが、ただ休暇のためにタイにいるだけでも外国人と交流することができ、そこで交流した人たちが思わぬ雇用の機会をもたらしてくれるかもしれません。

ベトナムの仕事市場

ベトナムは21世紀の初めに目覚しい経済成長率を記録し、移住者や世界の投資家にとって魅力的な国になりました。それでも、何らかの接触なしに仕事を見つけるのは未だに難しいのです。
今世紀が始まって以来、ベトナムは貧困を減らし国民一人当たりのGDPは2倍になりました。
しかし、アジア太平洋地域においては、未だに貧しい国の1つとなっています。さらに、高いインフレ率や食糧の価格の上昇にも対応する必要が出てきました。それでも過去10年間の非雇用率が3%未満という低さ、安い労働力と若者の多さから、ベトナムは国際企業にとって注目の的になっています。
外国人にとってとても行きやすい場所ではないにも関わらず、農業、林業、漁業のセクターはベトナム経済の中心となっています。しかし、製造業やサービス業が拡大に伴い、それらのセクターは衰退しています。1986年のドイモイ政策により、ベトナムは自由経済となり、重要な役割をになうようになったのです。
近年、安い賃金と生産費を求めて、ヨーロッパや中国の大企業がベトナムへ拠点を移してきました。これらの企業はしばしば、母国で働いてきた人に地域の人々の訓練を担わせています。
IT、建設業、観光業は、移住者が仕事を探す上で将来を期待できる分野であるといえます。特にこれらの貿易の流行を受け、ベトナムでは経験者不足が懸念されます。さらに、製造業、鉱業、縫製産業などの分野も探してみる価値があります。
他には英語を教えることも需要が増えるでしょう。ベトナムは観光地として人気が高まり、世界市場へオープンになってきていることは、英語教師の需要促進に一役買うでしょう。

ベトナムで仕事を探すには
コネもベトナム語力もないのに、地域の会社で仕事を探すのは難しいでしょう。反対に、グローバル企業の求人は良くなっています。
ベトナムで働くことを考えるとき、少なくとも3ヶ月間の就職活動期間を確保すると良いでしょう。数ヶ月は仕事なしでも生活できるように準備をしておくか、母国で職探しを始めることをおすすめします。
仕事を探すことと応募することは仕事を確保する上で異なることであると心に留めておきましょう。仕事に応募するには、ベトナムに来るということが重要になってきます。移住者としてベトナムで仕事を探す場合、国際企業で仕事を見つけるのはそこまで難しくないでしょう。
これは必須ではありませんが、基本的なベトナム語を知っておくことはプラスになり、さらなる敬意を得るでしょう。
見通しは良くても、ベトナム人の雇用が優先されることを覚えておきましょう。グローバル企業であっても、ベトナム人がカバーできない場合に限り外国人が雇われる傾向にあります。少なくとも管理職の20%はベトナム人である必要があります。さらに、企業はベトナム人を訓練し、外国人にとって代わるよう努力しなければなりません。
グローバル企業で働くことが手っ取り早く見えますが、首都のハノイやホーチミン市では多くの仕事を見つけることができるでしょう。望みの仕事にもよりますが、ビンズオン、ドンナイ、ハイズオン、バリア=ブンタウや観光客が多い地域では空いているポジションを見つけることができるかもしれません。

探し方
おすすめなのは、ベトナムに入国する前に仕事を探すことです。その場合インターネットの求人広告をチェックするのがベストな方法です。これは一般的なやり方で、多くの役立つウェブサイトがあります。
Vietnamworksはベトナム最大の求職サイトで、全ての分野の何千もの求人広告が掲載されています。また、キャリアリンクベトナムでも多くの仕事を見つけることができますし、唯一日本語での検索も可能です。Asiaco jobs centerではアジアの求人をみることができ、JobstreetはIT、マーケティング、セールスやエンジニアなどの仕事を検索することができます。全てのウェブサイトは英語で閲覧することができます。
すでにベトナムにいるのなら、地域の新聞をチェックしてみましょう。ただし、それらの求人はベトナム人に向けたものであることを覚えておく必要があります。移住者向けのフォーラムを探してみるのもいい方法でしょう。

英語を教える
その他の可能性としては、他の国同様、英語を教えるという仕事も選択肢になります。観光客の増加とグローバル経済への参入は英語が話せる人の需要を高めています。収入としてはベストではないかもしれませんが、大学に問い合わせるのはいい方法かもしれません。教えるという仕事はパート労働が一般的で、西洋と比べても給料は高くありません。しかし、生活に必要なコストが安いことや、ベトナム人の給料と比較しても、英語を教えることで快適な生活はできます。これは国や文化を知る上で良いスタートになると言えるでしょう。

東南アジアで働くことをお考えですか?

いくつかの国では非雇用率の上昇が問題になっています。そのため、多くの人々が職を求めて海外に進出していますが、ある地方での雇用機会が、別の地域ではそこまで競争率が高くないという事実もこの雇用状況に影響しているかもしれないのです。金融不安が少ないなら、そこへ移りたくない人などいないでしょう。

東南アジアへ行くということ:旅の道のり

東南アジアでの機会をよりよくするためにはまず、自分を客観的に見る必要があります。東南アジアへ進出し、異なる社会を探索するためには、何か夢を持って挑むべきです。このつかみどころのないスタートから、オフライン、オンライン両面で、他国での機会を探すための計画を練る必要があります。探すためには、以下のことをメモしておくといいでしょう。

・その国での生活費
・自国の通貨と移住先の通貨の為替レート
・国の経済の安定性
・外国人労働者と移民に対する政策
・その国の治安

これらのことを調べてすぐに、あなたの気持ちをはっきりさせる必要はありません。何度も検索することで、その国の潜在的な機会を評価することができるのです。

働くために東南アジアへ行くということ:初めて旅行する方へのアドバイスと警告

快適な場所から飛び出すのには勇気がいります。他の文化へ溶け込むことはなおさら労力を使うでしょう。どこへ行くのかはっきりと決まったら、最低限の勉強を始めましょう。以下は東南アジアで働くにあたって考えるべき問題です。

・ドキュメント:合法的に働くための書類の事務的な手続きです。どのようなことが禁止されているかも確認しておく必要があります。
・金融問題:生活費がどのくらいかかるか、送金の手続きはどのようにするのかを明確にしておきましょう。
・文化の違い:文化や信条が異なる人々と働くということを肝に命じておきましょう。これらは事前に勉強しておくことによって、現地の人々を悩ませることもなくなります。勉強不足によって告訴されてしまう可能性もあるのです。
・適応性の問題:海外で働くにあたって、時差、食事の違い、気温などは調べておく必要があります。インターネットで簡単に検索することができますが、その国を訪れたことのある知人に尋ねるという方法もあります。
・個人的な問題:海外へ行くということは、母国にいる間に経験したことない問題に直面するきっかけになる可能性があります。様々な事実によって引き起こされるホームシック、ストレス、憂鬱状態などです。友達を作り、新しい社会に溶け込みましょう。差別もあなたを苦しめるかもしれませんが、あなたと同じ国出身の人々などと協力することで簡単に新たな環境に溶け込むことができるでしょう。
・家族の問題:家族と離れて暮らす場合は、距離が問題になります。例えば、離れて暮らす夫婦では浮気の傾向が高くなり、しつけ不足などから子供に悪影響が出る傾向にあります。
・移住問題:家族と一緒に移住する場合は、適切な場所を選ぶ必要があります。子育てに適した場所かをよく考えなければなりません。また生活の維持も移住の大きな問題になります。パートナーとの関係に影響が出るかもしれません。あなたが外国で働くことによって、パートナーが今母国で抱えている責任を手放さなければならないからです。

東南アジアで働くために国を離れる前であっても、肉体的、感情的、精神的な問題ともうまく付き合っていかなければなりません。あなたがより良いと思う海外へ旅立つには、数え切れないほどの決断をすることになります。多くの場合、意思決定は自分自身で行った方が容易ですが、他の人に相談し関係する人のことを考える必要がある場合は、むしろ難しいこともあります。東南アジアで働くということは困難なプロセスで挑戦であるように見えるかもしれませんが、よりスムーズに進めることもできるのです。あなたの決断による結果と向き合い、責任を持って可能な限り計画的に挑戦すればいいのです。