タイでの仕事の探し方

世界の多くの人にとって、パラダイスのような国であるタイで働き、生活するということは夢であると思います。初めて微笑みの国に来ると、タイの自然の美しさ、文化、食事、天気、女性に恋をしてしまうでしょう。
初めてのタイ旅行は思い出深いものになり、普段の生活とは全く異なる世界です。もし定住することができ、生活するのに十分な仕事を得ることができれば、どんなに素晴らしいことでしょうか。

タイで仕事を探すのは難しいことなのでしょうか。
もちろん、これはとても一般的な質問であり、はいかいいえで答えられるような簡単な質問ではありません。しかし、タイは発展途上国であり、オフィスワークなどで西洋の国々のような給料を受け取れるわけではないということを心に留めておかなければなりません。また多くの外国人が、より良い仕事を探しているので、これだけは確実に言えます。日本のようないい条件の仕事をタイで見つけるのは簡単ではありません。
しかし不可能ではありません。正しいアプローチでタイでも良い条件の仕事を見つけるのは可能なのです。

タイで仕事を得るには、タイ語を話す必要があるのでしょうか。
いいえ、英語が話せれば問題ありません。私の推計では、タイで働く外国人のうち80%はタイ語を使いこなせていないと思います。もちろん基本的なタイ語を身につければ、さらに良い条件の仕事を見つけることができるでしょう。

タイで合法的に働くには、大学の学位が必要ですか。
いいえ、シンガポールなどの他のアジアの国々とは違い、高校を卒業していることが最低条件になります。労働局で労働許可証をもらうにあたっては、それで十分でした。

個別の面接に行く必要はありますか。
タイにいるのなら行きましょう。タイ国外から応募した場合は、スカイプや電話で面接することが多いです。滅多にないケースですが、面接のためにタイに来る人もいるようです。

タイの給料状況はどのようになっていますか。
日本のようには稼げないかもしれませんが、タイでの生活は安く、外国人労働者の給料に対しては最低限のラインがあります。日本人ですと5万バーツ(1500$)です。但し、飲食業やサービス業など特殊なスキルが必要としない、もしくはタイ人の労働者で賄える職種(コールセンターやツアーガイドなど)は、5万バーツを下回ることがあります。

以下、仕事を探し応募する様々な方法をご紹介します。

①タイの求人情報ウェブサイト

Jobs DBはタイでも最大級の求人サイトです。その他のウェブサイトと比較するとその情報量は5倍になります。
タイで仕事を探している人はこれらのウェブサイトをチェックしていて、条件にあったものにだけ応募するように心がけましょう。情報は日々更新されるので、常に最新の情報をチェックするようにしましょう。CV、推薦書、モチベーションレターなどを送ることで仕事に応募することができます。

②タイのリクルートエージェンシー(人材紹介会社)

CVと推薦書をリクルートエージェンシーに送ることで、条件にあった仕事を探してくれます。たくさんのエージェンシーがあるので、自分にあった会社を探してみて下さい。日本語が通じる人材紹介会社は、キャリアリンクタイランド、パーソネル、パソナテック、エコーアズなどです。

③新聞と雑誌

古典的なやり方ですが、新聞の求人広告をチェックするという方法もあります。タイにおける英字新聞は以下の4誌です。
・Bangkok Post
・Phuket Ghazette
・Pattaya Mail
・Chiang Mai Mail
新聞を買わなくても、ホテルやレストラン、サブウェイ、ピザハット、マクドナルドなどのファストフード店に置いてあります。
またBK MagazineやDer Farangなどの英字雑誌も求人広告を載せています。店やホテル、西洋レストランなどを見てみてください。
仕事を探している間タイにいない場合は、新聞や雑誌のウェブサイトをチェックしてみましょう。求人広告を掲載している場合があります。
日本食レストランに行けば、日本語のフリーペーパーがあります。そこの中にも求人情報が掲載れています。

FacebookやLinkedinのグループ

外国人のための大きなグループがいくつかあります。まずはグループに参加リクエストを送りましょう。参加が受け入れられると、どのような仕事を探しているかを書き込むことができ、メンバーからアドバイスをもらうことができます。また他の人がどのような投稿をしているかをチェックし、コメントを残したりメッセージを送ったりすることもできます。外国人向けのタイの大きな

ネットワークイベント

職探しをタイでしているなら、働いている移住者、仕事を探している人、雇用主など様々な人と繋がることのできる場所があります。バンコク空港はネットワークのパラダイスです。イベントはバンコクで開かれることが多いですが、パタヤ、プーケット、チェンマイなどでも開かれています。

タイで友達を見つける

タイで多くの友情が生まれていることに驚くことでしょう。これは、一晩で新しい人との繋がりを作ることに似ていますが、ただ休暇のためにタイにいるだけでも外国人と交流することができ、そこで交流した人たちが思わぬ雇用の機会をもたらしてくれるかもしれません。

タイの運転免許証を取得するには

タイに3ヶ月以上滞在するのなら、国際運転免許証を持っていても、タイの運転免許証が必要になるでしょう。いくつかの保険会社は、保険で十分な保証を得るには、運転者は有効なタイの運転免許を持っているべきだと規定しています。
取得して良いことは、タイの運転免許証を持っていれば、特有の「ファラン料*」を払う必要がない場合があります。タイの運転免許証を持っていることで、運転者が旅行者ではないことの証明になるからです。また、タイの運転免許証を持っていることで、パスポートを常に携帯していなくても、警察が大目に見てくれることもあります。
タイの運転免許証を外国人が申請する場合には、以下の条件を満たしている必要があります。

ファラン料:寺院などの観光地で観光客はタイ人よりも高い入場料がかかりますが、タイの運転免許証を持っていることで、タイ人と同じ価格で入場できる場所があります。

資格条件

・心身ともに健全(車を安全に運転することを妨げるような身体または精神障害がない)で、18歳以上である
・申請者がタイ国籍を持たない場合、有効な非移民ビザを保有している(旅行者は申請できません。)

タイの運転免許証を申請する際に必要なもの

・タイ語を読めなかったり、理解できない場合、申請書の記入、講義、テストの手助けをするための翻訳者
・有効な非移民ビザと有効なパスポート
・サイン入りのパスポートの最初のページ、非移民ビザのページ、最新の入国印が押してあるページそれぞれのコピーとTMカードのコピー
・大使館か入国管理局から発行された、発行後30日以内の在留届出済証明書

ヒント:大使館からの証明書が一番早く届きますが、移民局は無料で発行しています。しかし、完了までに3~6週間かかり、地域の警察官があなたの家に訪問し居住の実態があるかどうかを確認します。
タイで働いている場合:労働許可証が書類や住所の証明の代わりになります。

・身体的、精神的に健康であるという医師の診断書(標準フォームは多くのクリニックで取得できます。発行後30日以内のもの)
・撮影後6ヶ月以内の1×1インチの写真2枚(写真サービスは建物内にあります。)
・有効な国際運転免許証と母国の運転免許証のサイン入りのコピーまたは大使館や領事館で翻訳されたもの
・免許証1枚につき以上の書類が1セット必要になりますが、車とバイクの免許を申請する場合は、医師の診断書と在留届出済証明書は2つ目の申請書にコピーしたものが使えます。

申請の手順

・タイ語申請書フォームを35番の窓口で受け取って記入し、1年間の仮免許の申請をしてください。
・写真を持参していない場合は、翻訳者が35番窓口で待っている間に申請室のブースで撮影することができます。
・上記のすべての書類を提出し、左側の窓口へ移動し数分間待ちます。
・書類が返却されると、別の書類の確認のために20番窓口へ行くように言われます。承認印をもらったら、35番窓口に戻ります。
・その他の手続きが終わると、3階にあるテストエリアに案内されます。ここでは3つのテストに合格する必要があります。

1. 色盲検査:職員が色のついたドットのポスターを指差すので、そのドットの色を答えます。タイ語での回答が好まれますが、英語でも理解してもらえます。
2. 反射検査:アクセルペダルとブレーキペダルのついた座席に座ります。緑のLEDが点灯するまでアクセルを踏み続け、LEDが赤になる前にブレーキペダルを踏みます。これを2回繰り返します。
3. 遠近感検査:前後に動かすボタンを使用し、約10メートルの距離にある小さな箱の中にある棒を動かしてもう1本の棒と平行になるようにします。実際よりも複雑に感じるかもしれませんが、

・以上のテストに合格すると、書類にサインされ返却されます。その後最初の窓口へ戻り、すべて完了すれば列番号をもらうことができます。左にある窓口(1~6)へ移動し、ボードに自分の番号が表示されるまで待ちます。書類とパスポート(労働許可証がある場合は労働許可証)を手渡します。すべての確認が終わると、105バーツを支払います。数分後、あなたの名前が呼ばれ、サインをした後、晴れて1年間の仮免許を受け取ることができます。
・メイン棟の後ろにある屋台とトイレの間にある小さな店では最安値で免許証のカットとラミネート加工をすることができます。
・車に乗り込み、笑顔で運転しましょう。