国外駐在の配偶者としてマレーシアで仕事を見つけるには

多くの海外駐在者の配偶者は、パートナーに同行するために自分の仕事を辞めています。大抵、自分のキャリアを諦めなければならず、職業的な身分は失われてしまいます。
InterNationsが発行するExpat Insiderによると、60%が経歴を諦めることに対して抵抗があり、65%は経済的に配偶者に頼らなければならいことに嫌悪感があります。多くの国外駐在の配偶者は高学歴で、47%は大学院修了学位や博士号を取得しています。これでは、国外駐在の
配偶者が「制限されている」と感じてしまっても不思議ではありません。
マレーシアでも状況は同じです。多くの国外駐在者の配偶者は移住に伴ってキャリアを保留にしています。なぜなら働くには労働許可証が必要など、多くの規制があるからです。しかし、起業したりフリーランスで働くという選択肢もあるのです。
マレーシアで働く
東南アジアで働く日本人の手助けに特化したキャリアマネジメント会社キャリアリンクは、配偶者が仕事を探す上で直面する問題はタイムマネジメントであると信じています。「多くの駐在者の配偶者のうち、特に子供がいる人は、パートタイマーとして働きたいと思っていますが、文化の面から、マレーシアでは難しいのです。」と彼女は言います。
もう一つの問題は、もちろんビザです。多くの駐在者が気づいているように、労働許可証を得るのは大変です。理想の企業が労働許可証を得るように働きかけてくれるという状況は、仕事を確保する上で最高の状況であるといえます。Laubel氏は「移住者の多くは外国人を雇えない企業を含め、様々な企業に応募しますが、外国人を雇えない企業では労働ビザの手続きが不可能なのです。」と説明します。
Laubel氏のノウハウは、どの企業が雇用パスを発行できるかを明確にし、移住者の雇用機会を最大限にすることを可能にしています。彼女はある国際企業を例に、「どんなに大きな会社で、海外からの移住者を雇っているにも関わらず、マレーシアでの雇用創出に対する努力義務があるのです。」と言い、さらに、「これは一般的なルールですが、常に例外が存在します。」と付け加えました。
このルールに対する例外というのが、移住者のパートナーがマレーシアで仕事を得ることを可能にしたのです。ジョン(仮名)はマレーシア移住前に多くの企業の人事部に応募しましたが、どれも成功しませんでした。彼は「仕事の空きは常に宣伝されているにも関わらず、私は考慮されませんでした。」と話します。
マレーシアに来てから、彼は直接ライン長に応募書類を送り、すぐに面接の段取りを得ることができました。雇用されるためには、「マレーシアに来たら、ライン長に直接応募し、地域の給料条件をのみ、労働許可証が発行されるまで数ヶ月待つ必要があります。」とのアドバイスをくれました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です