マレーシアで労働許可証を申請するには

マレーシアの労働許可証は一般に雇用主が取得します。あなたが雇用主で、外国人労働者を雇いたいなら、長く煩わしいプロセスの準備をしなければなりません。

マレーシアに来る被雇用者とその家族で、入国前に労働許可証を持っていない場合は、まずソーシャルパスで入国し、その後、労働許可証を取得することができます。違法労働者に厳しい法律を適用しているマレーシアで、労働許可証なしで働くことはやめましょう。労働許可証を持っている人の扶養家族で、マレーシアで働きたい人は、別で労働許可証を取得しなければなりません。

労働許可証取得の条件

労働許可証を得るためには、パスポートの残存期間が18ヶ月以上必要です。働くためにマレーシアへ来る外国人は27歳以上でなければなりません。(IT部門は23歳以上です。)労働許可証は一般に6ヶ月から5年の期間で発行されます。
雇用主が提出しなければならない書類などの詳細は、マレーシア移民局のウェブサイトで確認できます。

ワークパス

労働許可証取得後、仕事や技術の種類によって、異なる種類のワーキングパスが発行されます。
・エンプロイメントパス:專門的でマネジメントレベルの特定の仕事に対して発行されます。最低でも2年の有効期限です。
・テンポラリーエンプロイメントパス:2年未満の雇用や月給が5000リンギット未満の人に発行されます。
・プロフェッショナルビジットパス:母国で雇用されながら、マレーシアの会社の要請で特定のサーピスのために働く人に対して発行され、有効期限は最長6ヶ月です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です