ベトナムの労働許可証

ベトナムへの移住者で労働許可証の手続きについてよく知らない人は、経験者にそのプロセスがどれだけ煩雑なものかを聞いておくといいでしょう。さらに、ベトナム政府は労働許可証の規制をしばしば変更し、一貫性に欠けているので、困惑してしまうかもしれません。

ベトナムの労働許可証を申請するには
移住者は、雇用主かビザ代理店の手助けがあれば、労働許可証をベトナム国内からでも国外からでも申請することができます。ベトナム国内で申請する場合は、入国後90日以内に申請しなければなりません。政府は、許可証なしでの就職活動に対しては3ヶ月以内の滞在しか認めていないからです。

ベトナムの労働許可証の資格基準
・18歳以上である
・労働に耐えられるだけの健康状態である
・地元企業で働く場合は、管理職または経営者である、もしくはベトナムの労働市場ではカバーできない分野の専門家である
・国家安全の侵害の罪で有罪判決を受けておらず、刑事上の責任を問う検査を受けていないかつベトナムの法律や海外の法律によって刑事罰を受けていない

以上の資格を満たす者は、多くの書類を用意しベトナム語に翻訳しなければなりません。そして母国の承認を得る必要があります。承認はベトナム国内でも母国でも取得できますが、母国で取得することが望ましいでしょう。さらに、必要書類のコピーを少なくとも2枚は持っておくと安心です。
労働許可証の申請には手数料がかかり、労働契約の内容によって最長3年間の許可証を得ることができます。
書類の提出が完了したら、10営業日で発行されることになっています。しかし、多くの移住者はこの期間内には発行されないと言い、労働許可証を手にするまでには最低でも1ヶ月は待つとしています。

労働許可証の延長
現在許可証を受けている仕事を続ける場合、労働許可証の延長を申請するのは簡単です。現在の労働許可証の期限が切れる30日前には雇用主が申請しなければなりません。さらに延長の資格を得るには一定の条件を満たす必要があります。

労働許可証を延長するには
・雇用主は、現在外国人が従事している仕事に関して、ベトナム人に研修を行う計画があることを示さなければなりません。しかし、ベトナム人労働者がその仕事に従事できない場合は、労働法に明記されている労働規律を守っていれば、引き続き同じポジションで外国人労働者を雇用することができます。
・移住者は経済、広告、財政、金融、保険、科学技術、文化、スポーツ、教育、またはヘルスケア部門で仕事をしていることを証明しなければなりません。契約は36ヶ月以上である必要があります。
申請者がこれらの条件を満たしていて、雇用者が申請書を提出した場合、労働傷病兵社会福祉省によって15日以内に労働許可証の延長許可が出るでしょう。

*ビザや労働許可証の規定はしばしば変更になります。最寄りのベトナム大使館または領事館に最新の情報を問い合わせてください。また労働許可証の取得にお困りの場合は、キャリアリンクベトナム(外部リンク)などの人材紹介会社が行っていますので利用した際に確認してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です