ベトナムでの生活

ベトナムでの生活は真の東南アジアでの生活を体験することができます。ベトナムは歴史的に戦争と厳しい計画経済を乗り越えてきた貧困と人口密度の高い国です。しかし今日、旅行先としての人気が高まり、その美しい田園地帯とビーチは過去の悲劇と同じくらい有名になっています。
ベトナムは小さな国ですが、総面積は329,500平方キロメートルで、54の部族が生活しています。86%がキン族(ベト族)です。国は58の省と5つの中央直轄城舗から成り立っています。中央直轄城舗はハノイ、ハイフォン、ダナン、ホーチミン市、カントーの5つです。

移住先としてのベトナム

近年、ベトナムは移住先としての人気が高まっていて、外国人が生活するにあたり安全な場所であると認知されるようになってきました。移住者は気候、安い生活費、文化、ベトナムのインフラの着実な改善に魅了されています。しかし、これらの利点を考慮しても、ベトナムの生活で移住者が問題に直面している現実もあります。公害が大きな問題となっており、汚い煙を吸わないためにマスクをして外出するのが移住者と地元の人々にとって普通になっています。また、交通事情も問題の1つです。道路は常に多くの車とバイクで渋滞しており、交通事故の死亡率が世界でも高い国の1つとなっています。

ベトナムでの生活費

ベトナムは生活費が安く、移住者はある程度の支出でとても快適な生活をすることが可能です。マーサーの2012年世界生計費調査では、ハノイは前年同様136位でした。大都市の高級志向のアパートから郊外の質素な家まで、様々な住居があるので、全ての予算に合わせることができるのです。
地域の食事と洋食の値段では大きな差があります。地元のバーやレストランで食事をする場合は、とても安く済ますことができます。しかし、洋食を提供するバーやレストランは高いです。他のアジアの都市と同じように、ビールとスピリッツは安いですが、ワインは高いです。
ベトナムへの移住ガイドでは、生活に必要なものの値段のリストがあり、食料雑貨類、外食、交通費、教育費などの生活費が記載されています。

言語

ベトナム語(公用語)、英語(第2言語として)、少数派ではフランス語、中国語、クメール語が話されています。

気候

南部の大半が熱帯気候で、北部はモンスーン気候です。

ベトナムでの生活:移住者の仕事と自己実現

ベトナムに住む移住者への労働の機会は珍しいですが、全くないわけではありません。非営利の国際的な開発業務に関連した仕事の機会は増えつつあります。キャリアリンクベトナムのようなウェブサイトは地域の雇用についての詳細を掲載しています。しかし、これらの仕事は特定の業務における経験がある人に限られていることが多いです。NGOの仕事に加えて、コンピューター関連のスキルは需要があり全地域でその技術を教えるという仕事があります。

ベトナムでの生活で移住者が知っておくべきキーポイント

・現在、移住者の実際の土地所有は不可能です。ベトナムへの移住者は土地を50年間借りることができ、その土地に家を建てることは可能です。
・ベトナムの運転免許証を持たない外国人が車を借りたり運転することは禁止されています。バイクは使用可能ですが50ccまでです。運転免許証を取得すれば、運転することが出来ます。日本の免許証を持っていれば書き換えが出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です