シンガポールへの移住

シンガポールに移住することは多くの人々の夢です。なぜならそこでの生活は最高であると考えられているからです。シンガポールはアジアの都市の中でも綺麗な街で、イギリスの植民地時代からの特徴を引き継ぐ一方で、よく発展した環境の最前線であるとも言えます。マレーシアの南端というシンガポールの位置は、アジアの貿易や財政上最も重要な場所の一つとなり、GDPによると、今日世界で5番目に裕福な国になりました。また世界で4番目に大きい国際貿易センターもあります。
シンガポールの人口は500万800人(2010年6月現在)となっており、大半は中国人(70%)、マレー人、インド人の血を引き継いでいます。シンガポールは法的にもとても厳しい国であるとされる一方で、権力国家として実際には国の治安を維持しているのです。
主な宗教は仏教、イスラム教、ヒンズー教、キリスト教と道教です。
移住先としてのシンガポール
世界中からシンガポールへ移住してくる外国人の数は多く、2010年6月現在で永住権を持っていない人口は1.31%となっています。シンガポールは外国人にとって文化へ馴染んだり、安全性、環境面で移住先としてのハードルが低い国です。
また家族で移住するにも適していて、高いレベルの教育や、お手伝いさんが安い、安全性型海面から子育てをする環境としてはあなたの国よりもいい環境かもしれません。
生活水準は高く、ヘルスケア施設はどこにも劣りません。シンガポールの犯罪率は真夜中でも低いです。街中に移住者のグループやクラブがあるので、国籍関係なく、街のどこかで気の合う移住者に巡り会うことができます。
シンガポールへの移住者にとっての難点の一つとしては、テレビやメディアで放送される情報は政府による検閲があるということです。しかし、信頼できる手頃なブロードバンドサービスがあるので、この状況は移住者にとって、そこまで障害にならないでしょう。
シンガポールでの生活費
シンガポールの生活基準はとても高いですが、そのぶん費用もかかります。マーサーの2012年世界生計費調査で、シンガポールは生活費が高い都市のトップ10にランクインしており、前年の8位から6位へ2ランクアップしています。移住者で、母国と同じように生活を楽しみたい場合は、賃貸、持ち家に関わらず、その生活費はとても高くなります。アルコールの税率も高く、バーやクラブに行くのが好きな人々は、社会生活を維持するのに莫大なお金がかかってしまいます。車にかかる重量税も高いので、車を持つにもコストがかかります。
全体的には、食料や雑貨はリーズナブルです。地元の露店やショッピングモールのフードコートでの食事は安く済ませることができます。

言語
シンガポールの公用語は中国語(マンダリン)で、政府が使っているのもこの中国語です。しかし、英語が共通語となっており、ビジネスや貿易で使われています。学校で子供達は英語で学習しますが、中国語の習得も期待されています。その他の言語としては、タミル語、マレー語、広東語があります。

気候
シンガポールはほぼ赤道上にある国で、季節の変化がない熱帯気候を楽しむことができます。
年間を通して気温と湿度が高く、雨も多く降ります。気温は一般に22°Cから34°C(72°Fから93°F)の間です。雨が降ると湿度が上がり、100%になることもしばしばあります。一番暑いのは6月と7月で11月と12月はモンスーンの時期になります。

シンガポールへの移住:移住者の仕事と自己実現
あなたが高学歴で、強い職歴があれば、シンガポールで仕事をする機会はあります。しかし、競争率の高さとシンガポール人が高学歴であるということから、仕事を見つけるのはとても難しいです。シンガポールへの移住を考えていて、今の会社からの転勤でなければ、シンガポールに入国する前に仕事を見つけておくことをおすすめします。
人々とのネットワークはとても重要で、多くの人々が求人広告ではなく、知り合いを通して仕事を見つけています。
移住者に対して多くの求人を出しているのは、金融や財政産業です。その他にも海運業、IT、電子工業などの分野にも求人があります。最近のグローバル経済の問題にも関わらず、トレンドは上昇傾向にあります。
他の国々とは異なり、外国人配偶者でシンガポールで働きたい人は自身の有効なエンプロイメントパスがない限り働くことができません。

移住者が知っておくべきシンガポール移住のキーポイント
1. シンガポールの東部の気候はより暖かく乾燥しています。これはどの地域に住むかを決める上で心に留めておくと良いでしょう。
2. シンガポールでは、テレビを持っていると免許料として税金がかかります。
3. シンガポールに持ち込める犬の種類にも制限があります。また、飼うことができる動物とその数は、住んでいる建物によって異なります。
4. 左ハンドルの車はシンガポールでは禁止されているため、そのような車は輸入されません。
5. シンガポールでは最長1年間自身の運転免許証で運転することができますが、その後はシンガポールの運転免許証に切り替える必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です